コラム

新型コロナに負けるな!食事で免疫力アップ!!

公開日:2020-11-27 (更新日:2020-12-07)

11月22日には新たな感染者数が2,500人を超えるなど新型コロナが猛威を振るっています。このままでは温泉やゲレンデにも行けないどころか帰省すらできない冬が来てしまう。。。そんな寂しい事態はなんとして避けなければ!ということで今回は毎日の食事の面での新型コロナ対策をお届けします。

免疫,体調管理,健康

免疫力アップで感染しにくいカラダに

ときどきニュースで聞く「クラスター」。同じ場所での集団感染が発生したときにそのように言われてますけど、同じ場所にいた方が「全員」感染しているわけではないんですよね。じゃあ、感染してしまった方と感染しなかった方の分かれ目はなんだったのか?もちろん接触の度合いという違いはあるでしょうが、見逃せないのが各自の「免疫力」です。「免疫力」をアップすることによって感染を予防したり、重症化を防ぐことができます。

 

免疫力をアップする方法

まず大事なことは腸内環境を整えるということ。腸には免疫細胞の70%が存在すると言われておりここが非常に重要で、腸内環境の改善にはこれを含む食事が効果的です。

快腸,便秘,快便

  1. 腸内環境改善に効く食事

・善玉菌を多く含むもの

善玉菌は免疫細胞を活性してくれますが、これは発酵食品に多く含まれています。発酵食品といえばヨーグルト、納豆、チーズあたりですね。毎日の食事にもおやつにも取り入れやすいものなのでぜひ意識して摂るようにしましょう。

・食物繊維を多く含むもの

食物繊維は善玉菌のエネルギー源になります。食物繊維は水溶性と脂溶性がありますが、より適しているのは水溶性食物繊維の方です。水溶性食物繊維は昆布やわかめなどの海藻類や果物に多く含まれています。

続いてビタミンA(ベータカロテン)・C・Eの摂取も効果的です。ビタミンA(ベータカロテン)・C・Eは免疫細胞を弱める活性酸素を取り除いてくれるので、免疫細胞が力を発揮しやすくなります。

ビタミン,ベータカロテン,野菜

  1. ビタミンA(ベータカロテン)・C・Eを摂りやすい食事

・ビタミンA(ベータカロテン)

ビタミンA(ベータカロテン)は鼻やのどの粘膜を強化してくれるため、体内へのウイルス侵入を防ぐ効果も期待できます。ビタミンA(ベータカロテン)はかぼちゃやにんじんなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

・ビタミンC

ビタミンCはウイルスや細菌を退治してくれる白血球の働きを助けてくれます。ビタミンCもブロッコリーやホウレン草といった緑黄色野菜に多く含まれています。また、熱に弱いという弱点があるので生でも食べやすいミカンやイチゴなどの果物もオススメです。

・ビタミンE

ビタミンEはカラダを構成する細胞膜を守る働きがあり、ウイルス侵入に効果が期待できます。ビタミンEはナッツ類やアボカドなどに多く含まれています。これらはおやつやサラダに取り入れやすいですね。

 

まとめ

発酵食品に食物繊維に緑黄色野菜にナッツ類。。。

ナッツ類だけ難しいですけどキムチ鍋とか具沢山のお味噌汁ならかなりカバーできますね。

ナッツ類はおやつにとりいれましょう。

キムチ鍋,一人鍋,お手軽

記事内容は執筆時点(2020年11月)のものです。最新の内容をご確認ください。

執筆者情報

みんかぶ(保険)クルーT

みんかぶ(保険)クルーT
  筋肉を信じるアラフォーです。メンタル・フィジカルの両面から健康的な生活を送るためのお役立ち情報をお届けします。