コラム

資産運用どこに相談する?

公開日:2021-04-21

「資産運用を始めてみたいけど、知識がないから不安…」と思う方が多くいらっしゃいます。

 

そんな中、資産運用の助言を行う、金融機関から独立したサービスへの関心が高まっています。

販売ノルマなどに縛られず、顧客のライフプランを踏まえた資産運用や金融商品を提案できるというメリットがあるためです。

相談,面談,アドバイス
 

<資産運用の相談先(一例)>

1.ファイナンシャルプランナー(FP)

業務内容・・・家計全般の相談

資格・・・ファイナンシャル・プランニング技能士、AFP、CFP®

投資商品の売買仲介・・・原則できない

報酬形態・・・相談料


 

2.独立系金融アドバイザー(IFA)

業務内容・・・資産運用の相談、個別商品の提案・発注

資格・・・金融商品仲介業登録、証券外務員資格

投資商品の売買仲介・・できる

報酬形態・・・投資信託の販売手数料


 

3.公的投資助言者(RIA)

業務内容・・・富裕層などへの投資助言

資格・・・投資・助言・代理業登録など

投資商品の売買仲介・・しない

報酬形態・・・顧客の預かり資産額に一定の料率を掛けた金額


 

実際には相談先の保有する資格や登録業務などでサービスや報酬は異なります。

 

例えば顧客と証券会社などを取次ぎ、金融商品の勧誘をするためには、証券外務員資格のほか金融商品仲介業者として登録が必要です。

FPの中には、生命保険募集人資格や損害保険募集人資格を取得し、保険を販売する人や、FP資格を持ちながらIFAやRIAとして働く人もいます。

安心,納得,満足
 

記事内容は執筆時点(2020年10月)のものです。最新の内容をご確認ください。

【本記事は転載記事です。記事提供元はこちら
株式会社インシュアランス・コミュニティ

ほっ!と保険,インシュアランス・コミュニティ,保険見直し

執筆者情報

インシュアランス・コミュニティ

インシュアランス・コミュニティ
株式会社インシュアランス・コミュニティ  インシュアランス・コミュニティは、無料で保険相談・見直し・比較ができる窓口「ほっ!と保険」を運営しています。保険を熟知したカウンセラーが、就職・結婚・出産・住宅購入などお客様のライフステージに合わせ、家族の誰もが「ほっ」と安心できる保険をご提供します。