専門家に聞く

【Q&A】コロナにかかって、治った場合は保険に入れますでしょうか?

公開日:2021-06-09
相談者T

相談者T

 
 

コロナにもしかかってしまって、重篤にならず治った場合において、保険に加入する事はできますでしょうか?

少し前に、喘息などは保険に加入しにくいという事を聞いた事があります。肺炎で且つ再発リスクもあるとなると尚、加入しにくいのかな?っと思って質問させていただきます。

コロナにかかっても入院保険等が適応するのであれば、もしかかった場合でも大丈夫なように今のうちにに加入したおいた方がいいでしょうか?

ファイナンシャルプランナーA

ベストアンサー
ファイナンシャルプランナーA

 
 

Tさん、こんにちは。
ファイナンシャルプランナーのAと申します。

新型コロナウイルスは世界を震撼させていますが、現在のところ感染経路、治療法、感染してからの経過など明確には解明されていない部分が多々あります。そのため、世界中の研究機関が新型コロナウイルスの解明に向けてさまざまな調査・研究を急ピッチで進めているのが現状です。
何かと情報が飛び交う中、ご心配をされている事と思います。

結論としては、保険加入は難しいです。

各保険会社は疾病罹患率から保険の加入を認めるかどうかを判断致します。
その際、保険会社が一番に判断できない内容、すなわち「わからない」「原因不明」「治療方法無し」などといった不透明感が告知書や診断書等を見て判断する査定医が引き受けの不安要素を高めます。

仮に告知書等で質問に該当しなくても生命保険の募集人が「新型コロナウイルス」の罹患歴を知れば取扱報告書で保険会社に報告する義務があります。

まだ何一つ解明出来ていない疾患・病気は、今までに経験した事のないだけに非常に厳しい現実を知る事になると思われます。

いち早く新薬のワクチンなどが開発され、例えば「アビガン」については海外の多くの国から関心が寄せられており、今後、希望する国々と協力しながら臨床研究を拡大するとともに、薬の増産をスタートする様です。
しかしながら新薬が開発されても臨床実験が成功しなければ何も変わりません。

罹患する前に加入をして居れば入院、治療等の給金の対象になります。

2020年4月2日

 

ファイナンシャルプランナーB

ファイナンシャルプランナーB

 
 

T様
初めまして。

病気が完治されている場合には、加入できる可能性はあると思います。

おっしゃる通り、再発の可能性のある疾病についてはその部位を不担保にするなどの特別条件が付く場合もあります。

医療保険であれば、入院給付金は支給されますので、健康なうちに加入されると良いでしょうね。

今回のコロナウィルスに限らず、保険は健康なうちだからこそ加入できるものですから、加入の検討をされると良いでしょう。

保険料は高くなりますが、限定告知という告知内容の少ない保険に入る事も考えられます。
しかし、やはり健康であれば一般的な保険に加入できるので、健康な内に保険加入を検討しましょう。

2020年4月2日

ファイナンシャルプランナーC

ファイナンシャルプランナーC

 
 

Tさん、こんにちは。

新型コロナウイルスがニュースの話題になってからほぼ1年が経ちましたが、首都圏はいまだ非常事態宣言の中にあり、まだまだ先が見えません。海外ではワクチン接種が始まったものの、治療法は確率されていない部分が多々あります。

コロナにかかってしまっても、保険に加入する事ができるかという質問ですが、1年前と今では少し違ってきているようです。そこで2021年2月現在の様子をお伝えします。

確かにしばらく前までは、新型コロナウィルスに感染してしまうと治っても保険加入は大変難しかったようです。しかし最近はいったん陽性になってしまっても、完治して後遺症などの症状が出ていなければ引き受けてもらえるケースが出てきました。

引き受けの判断は保険会社が行いますので、今でも厳しい会社があるでしょう。また、新型コロナウィルスの新種株、ワクチンの有効性、新しい治療法など、それらをどう判断するのかによって、今後の引き受けの可否も変わっていくことでしょう。

医療保険に加入していれば、新型コロナウィルス感染症で陽性反応が出た場合、病院への入院はもちろん、医師の指示によるホテル隔離や自宅隔離でも入院給付金や一時金の支払対象になります。特に自営業者の方は、働けないことで収入がダウンしますので、そのリスクも考えて、医療保険にきちんと加入しておくべきです。

心配な方は、できれば感染する前に加入するべきですが、感染したからといって、現状では加入をあきらめる必要はありません。気になったら、先ずは代理店に問い合わせてみてください。

2021年2月9日

 

記事内容は回答時のものです(各回答に記載)。最新の内容をご確認ください。
【本記事は転載記事です。記事提供元はこちら
株式会社デザートブルーム

ほけん知恵袋,デザートブルーム

執筆者情報

ほけん知恵袋

ほけん知恵袋
株式会社デザートブルーム  保険をどこで、誰から、何を買いますか?
現在、保険は様々な場所で加入できます。
保険会社営業マン、保険ショップ、郵便局、銀行、証券会社、ネット・・・・・
保険加入において大事な事は何に加入するかは、もちろん大事なのですが、”誰から加入するか?”これに尽きると確信しています。
ほけん知恵袋では、ヒトのサービスに着目し、本当に、お客様から評価されているヒト、サービスを「見える化」し、保険サービスの在り方を追求していきたいと考えています。