コラム

自転車保険を1分で知る

公開日:2021-06-23

全国で自転車保険の加入義務化が進んでいます。

2020年4月から東京都でも義務化となりました。

加入義務化,自治体,地図
出典:「自転車損害賠償責任保険等への加入促進について」(国土交通省)(https://www.mlit.go.jp/road/bicycleuse/promotion/)を加工して作成
参考:金沢市「金沢市における自転車の安全な利用の促進に関する条例を改正しました。

 

ところが、‟義務化”と聞くと、

  • 新たに契約する必要がある?
  • 家族全員が加入しないといけない?
  • 加入しないと罰則がある?

といった疑問を持たれる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はこれらの疑問に答えていきます。

 

そもそも「自転車保険」への加入は必要?

じつは、加入が求められているのは、"自転車保険"という名前の保険でなく、他人への賠償を補償する「個人賠償責任補償(日常生活賠償等の名称も同じ)」です。

 

個人賠償責任補償には、

  • 自動車保険や火災保険、ケガの保険などに付帯している特約でもOK
  • 家族ひとりが加入していれば、ほかの家族も補償の対象になる場合がほとんど

というポイントがあります。

 

"義務化だから"と家族全員に自転車保険の契約をした結果、「同じ補償に3つも4つも加入していた」というケースも多く見られるので、注意しましょう。

 

自転車運転中の賠償責任を補償できる保険・特約の例

個人保険

 1,「自転車保険」等の名称で販売している傷害保険とのセット商品
 2,自転車保険(特約)
 3,火災保険(特約)
 4,傷害保険(特約)
 5,クレジットカード等などの付帯保険

団体保険

 6,会社などの団体保険
 7,PTAの保険など学校・大学で加入募集を受ける保険
 8,交通安全協会の自転車会員として加入している保険
  (自転車事故による損害賠償のみを補償)

※1~8については「個人賠償責任保険(日常賠償責任保険、賠償責任共済でも可)」が付帯されているか、またそれらの補償について十分な賠償資力が確保されているかをご確認ください。

 

自転車運転中の事故で他人の生命又は身体の重度な損害を補償する制度

 9,TSマーク付帯保険
 (点検整備された自転車の車体に付帯された保険)

※9については点検日から一年以内のTSマークが自転車に貼られているかをご確認ください。

 

加入していないことによる罰則は?

刑罰等はありませんが、「個人賠償責任補償」には必ず加入しましょう。

というのも、日常生活で多額の賠償を求められるケースは誰にでも起こり得るからです。

過去には自転車事故で【9,500万円】の賠償額が判決で言い渡された事例もあります。

出典:兵庫県「自転車事故による高額賠償事例

 

 


 

「請求できる保険に気づける!」

「保険証券をパシャっと撮影するだけ!」

保険のカンタン一元管理アプリ「保険簿」はこちら



記事内容は執筆時点(2020年8月)のものです。最新の内容をご確認ください。
【本記事は転載記事です。記事提供元はこちら
株式会社IB

執筆者情報

株式会社IB

株式会社IB
株式会社IB  保険の請求もれとは、「保険加入者自身が、請求できるはずの保険に気付けず、そもそも請求をしていない」ということです。我が国において、保険の請求もれは年間に1.6兆円発生していると推定(株式会社IB推定)しております。その結果、「治療をあきらめて亡くなった」とか「負わなくて済んだはずの経済的な負担を負った」といった悲しいことが起きています。
株式会社IB(アイビー)は、この命に関わる重要な社会課題の解決を目指します。