専門家に聞く

【Q&A】外貨(米ドル)建て終身保険について

公開日:2021-07-02
相談者S

相談者S

 
 

外貨(米ドル)建て終身保険を薦められています。

貯蓄目的で、当面使う予定のない資産での運用です。

 

2020年の2月に薦められましたが、その後本格的なコロナ騒動で米ドルが下がりました。

そのため、薦められた商品も販売停止になるか金利が下がると思っていましたが、予想外に下がらなかったので、今が加入のタイミングかと思っています。

 

しかし夫は、今回のコロナ禍の問題は世界恐慌が起こりかねない、米ドルの価値がなくなるかもしれないような規模だと言います。

したがって、何が起こるかわからないから今は動かない方が良いという意見です。

 

そのように少しでも不安に思うなら加入しない方が良いのかもしれませんが、私個人の資産ですし、私自身は、今回のことで米国の価値が長期的に下がることはないと思います。

 

運用しようとしている資産は、10年国債の利率が高かったときに預けていて、満期になって普通口座に振り込まれたまま放置しているまとまった金額の資産です。

そのため、どうにか価値が目減りしないようにしたいと思っていたところなので、渡りに船だったのですが、今は加入のタイミングではないでしょうか。

 

払い込み期間は10年、半年払いか年払いで考えています。

フィナンシャルプランナーA

ベストアンサー
ファイナンシャルプランナーA

 
 

ドルの価値がなくなる可能性は極めて低いです。万が一にそうなるとしたら、その前に円の価値がなくなるでしょう。

 

ドルの価値を支えている根本は軍事力です。コロナうんぬんでは変わりません。圧倒的な軍事力を背景に、アメリカ企業が世界に進出して稼いでいます。これに変わる、変われる国はありません。

 

外貨建保険を始めるポイントは為替レートです。

現状は本当にニュートラルで良くもなく悪くもないと思います。ただし他に選択肢がないため、10年なら今すぐ始めた方がいいかもしれません。

2020年5月29日

 

ファイナンシャルプランナーB

ファイナンシャルプランナーB

 
 

外貨建て保険は利率が円建てより高いので、運用で提案される方が多いですが、円貨を外貨に替える時や外貨を円貨に替える時には手数料が掛かります。

 

また心配されているように為替変動があり、現在*の1ドル=107円近辺から円高になると外貨ではプラスになっていても円貨にすると損失を被るという事も考えられます。

*回答時点(2020年5月29日)

 

さらに運用をお考えなのに、保険商品で運用することで、保険会社にも手数料を払わなくてはならなくなり、コスト高になります。

 

運用をお考えでしたら、保険商品以外でも検討されても良いと思います。

2020年5月29日

 

記事内容は回答時のものです(各回答に記載)。最新の内容をご確認ください。
【本記事は転載記事です。記事提供元はこちら
株式会社デザートブルーム
ほけん知恵袋,デザートブルーム

執筆者情報

ほけん知恵袋

ほけん知恵袋
株式会社デザートブルーム  保険をどこで、誰から、何を買いますか?
現在、保険は様々な場所で加入できます。
保険会社営業マン、保険ショップ、郵便局、銀行、証券会社、ネット・・・・・
保険加入において大事な事は何に加入するかは、もちろん大事なのですが、”誰から加入するか?”これに尽きると確信しています。
ほけん知恵袋では、ヒトのサービスに着目し、本当に、お客様から評価されているヒト、サービスを「見える化」し、保険サービスの在り方を追求していきたいと考えています。