コラム

【Q&A】子宮頸部異形成と診断されましたが入れる保険はありますか?

公開日:2021-09-08
相談者K

相談者K

 
 

保険の加入について質問があります。

今年子宮頸がんの検査をしたところ、異形成が発見されました。そのため現在は定期検診で進行をチェックしている段階なのですが、この場合でも保険に加入できるのでしょうか?

また、もしできるとすれば、どの保険に加入したらいいのでしょうか?

 

ご回答よろしくお願いします。


ファイナンシャルプランナーA

ベストアンサー
ファイナンシャルプランナーA

 
 

保険の加入に関するご質問ですね。

おそらく子宮頸部異形成という診断名かと思われますが、診断から1年未満ですので大半の保険会社では部位不担保(子宮および周辺部位は保障対象外)の条件付きか、引き受け不可(加入出来ない)の判断になります。

※診断から2年未満の場合は厳しい判断をする傾向が高いです。

 

なお、高度異形成でなければ加入可能な保険はございます。

また直近1年以内で入院歴がなければ、緩和型保険という持病をお持ちの方でも加入できる保険がご案内可能になります。

 

そこでまずは、複数社取扱いの保険代理店にて病名や診断時期・現在の状況をお伝えいただき、加入可能な保険を聞いた上で可能であれば一般的な保険、不可能であれば緩和型でご検討いただく形になります。

※具体的な保険会社名についてはここではお答えできない旨ご了承ください。

 

保障内容は入院・手術の他にガンについての保障(診断一時金等)も加入可能であれば併せてご検討いただくとよろしいかと思います。

 

よろしくお願いいたします。

2020年07月28日

相談者K

相談者K

 
 

詳しくご説明いただきありがとうございます。

 

「私は軽度異形成なので加入できる保険があるかもしれない」ということですね!それを知ることができ安心しました!

1年以内の入院歴もないので、緩和型保険を検討したいと思います。
ありがとうございました。

2020年07月28日

 

記事内容は回答時のものです(各回答に記載)。最新の内容をご確認ください。
【本記事は転載記事です。記事提供元はこちら
株式会社デザートブルーム


ほけん知恵袋

執筆者情報

ほけん知恵袋

ほけん知恵袋
株式会社デザートブルーム  保険をどこで、誰から、何を買いますか?
現在、保険は様々な場所で加入できます。
保険会社営業マン、保険ショップ、郵便局、銀行、証券会社、ネット・・・・・
保険加入において大事な事は何に加入するかは、もちろん大事なのですが、”誰から加入するか?”これに尽きると確信しています。
ほけん知恵袋では、ヒトのサービスに着目し、本当に、お客様から評価されているヒト、サービスを「見える化」し、保険サービスの在り方を追求していきたいと考えています。