コラム

新型コロナウイルス感染症で保険料の払い込みができない! ~保険契約の変更で保険料支払いを後回しに~

公開日:2021-09-09 (更新日:2021-09-14)

ファイザー社ワクチンやモデルナ社ワクチン、アストロゼネカ社ワクチンが継続して医療機関へ配布されています。新型コロナウイルスのワクチン接種が上昇していますが、デルタ株やラムダ株などウイルスの変化により、日本全国で重症の感染者が増えています。地域によっては民間のPCRセンターの設置が進んでいます。しかしながら、自宅療養者も増え不安なお気持ちの方も多いかと思います。

みなさんの不安を反映するように、世の中では抗原検査キットやパルスオキシメーター、解熱剤などがよく売れています。社抗原検査キットでは、ウイルスの検出方法として、唾液採取型や鼻腔採取型などが販売されています。種類がたくさんあり、選ぶのが難しいですね。

新型コロナウイルスの感染が広がり、PCR検査や抗原検査キットで陽性反応が出てしまったとき、保険料の払い込みが難しい方もいるかもしれません。

少しでもみなさんの不安を取り除くために、新型コロナウイルスについての一般的な保険活用をまとめました。

新型コロナウイルスに感染し、保険料が払えないときの対処法があるかについてQ&Aで解説をします。

Q:新型コロナウイルスの感染に感染して、保険料の払い込みができない。何か対処法ある?
A:払込猶予期間の延長制度を利用することで、保険料の払い込みを遅らせることができます。
緊急事態宣言などの開始時期や各保険会社の対応により延長期間は異なります。

保険会社によっては、契約者貸付の利率減免などの制度もあり保険契約者に寄り添う内容もあります。保険料の支払いだけでなく、保険内容や各保険会社の新型コロナウイルスに関する対応を確認し、上手に利用したいですね。

詳しい内容や相談は各保険会社の担当者や相談窓口にお問い合わせをして、確実な手続きを実現しましょう。また、お手元に保険証券があるときは、その内容を確認してみましょう。

お手元の保険契約はそれぞれ契約内容の構成が異なり、一人ひとりのライフプランに応じた不安があると思います。まず身近な保険を見つめてみることでその先の心配が和らぐかもしれません。


記事内容は執筆時点(2021年9月)のものです。最新の内容をご確認ください。
 

【関連記事】

新型コロナウイルス感染症の症状がでた!ワクチンの副反応がでた! ~そんなとき、入院給付金はもらえる?
新型コロナウイルス感染症で万が一に! ~家族が不幸にならないために、死亡保険金は受け取れる?~
新型コロナウイルス感染症のオンライン診療を受けたとき、通院給付金はもらえる?

執筆者情報

みんかぶ(保険)クルーH

みんかぶ(保険)クルーH
  保険に関する役立つ情報を独自の視点でわかりやすく配信いたします。