コラム

増える山岳遭難!山登りを楽しむために必要なこと

公開日:2021-09-15

増える山岳遭難

いよいよ秋の季節になり、紅葉を楽しむ山登りやハイキングなど楽しい季節になってきました。


一方で、警視庁の取りまとめでは、2021年7~8月夏期における全国の山岳遭難は前年よりも増加しました。地域別では、長野県88件、北海道40件、富山県39件、東京都31件の山岳遭難がありました。遭難者の死亡・行方不明者も全体数からみて高止まり傾向です。

出典:警視庁生活安全局生活安全企画課


 

山岳遭難の原因

では、どのようなことを原因として、山岳遭難が発生しているのでしょうか?


原因として、道迷いや転倒、滑落があります。また、病気や疲労などによる遭難も見受けられます。天候に対しての不適切な判断や不十分な装備、体力的に無理な計画を立てることから山岳遭難になることが考えられます。体力や技術、経験、体調に合った登山をするように心がけましょう。

出典:警視庁生活安全局生活安全企画課

 

山登りをする前に大切なこと

山岳遭難を防ぐために大切なことがあります。体力や経験など無理のない登山計画を立てます。そして、立てた登山計画は家族などと情報共有をし、登山時には登山届を出して備えましょう。


また、食料や備品など万全な準備を行います。登山靴やピッケルなどは、いきなり登山で使用せずに、自宅の周辺などでよく慣らしてから使用しましょう。慣れることで、疲れも軽減しより登山を楽しめるかもしれません。


そのほかに、単独登山は万が一問題が発生したときに、遭難しやすくなりますので複数人の登山をおすすめします。秋になると冬眠前のクマなども出没しやすくなりますので、クマよけの鈴やラジオも忘れずに。


山岳遭難以外にもキノコ狩りで有毒なキノコを誤認しないようにお気をつけください。ご存じかと思いますが、山は国有地や私有地にあたることがあるので、キノコや植物の採取は行わないでくださいね。


紅葉の秋を無理なく気持ちよく楽しみましょう。きっと良い思い出がたくさん実ることでしょう。


あ、そうだこのコラムはみんかぶ保険でしたね。世の中には、登山などの遭難に対応した保険もあるようです。ではまた。

 

執筆者情報

みんかぶ(保険)クルーH

みんかぶ(保険)クルーH
  保険に関する役立つ情報を独自の視点でわかりやすく配信いたします。