コラム

日本一長い国道をご存じですか?ドライブの小話に

公開日:2021-09-29

全国には、国道と呼ばれる道が459路線あります。
そもそも国道とはどのような道のことでしょうか。

国道とは

1876年(明治9年)に国により定められた道のことです。当時は道路を「国道」、「県道」、「里道」と定めました。それらは、1等から3等までの等級に分類されました。一等は東京より各港に達する道などと決められていました。

1885年(明治18年)には、国道を1号線から44号線の路線が定められ正式に国道として公表されました。当時は、すべての国道が東京日本橋を起点として定められました。

その後、1952年(昭和27年)の道路交通法改正により、1桁もしくは2桁国道の一級国道と、3桁の二級国道が定められました。
東京オリンピックが開催された1964年に、再度道路交通法が改正され、一級国道と二級国道が統合され、現在の一般国道になりました。

現在では、基本的に国道の追加ごとに北に位置するものから順に番号が付けられています。
国道1号線から国道507号線まで存在し、うち国道59号線から100号線は欠番となっています。これは、1964年の改正道路交通法により、追加の国道には3桁の番号が振られるようになったためです。そのほか、一部国道では路線の統合などにより欠番があります。

 

明治18年(1885年)の国道と現在の国道の例

出典:国土交通省ウェブサイト
 

日本一長い国道は?

では、日本一長い国道はどの路線になるのでしょうか。

答えは国道4号線です。
東京都中央区から青森県青森市まで縦貫する国道です。
東京都から埼玉県、茨城県、栃木県、福島県、宮城県、岩手県を通過し、青森県まで到達します。実延長で742.5kmもありとても長いです。
この国道の前身は、江戸時代に整備された奥州街道をもとに整備されました。

2番目は、国道1号線で、東京都中央区から大阪府大阪市までを結びます。
3番目は、国道9号線で、京都府京都市から山口県下関市までを結びます。
どちらも600kmを超えとても長いですね。

 

日本一長い国道

 

出典:国土交通省ウェブサイト

ちなみに、日本一短い国道は、神戸港と神戸市中央区を結ぶ、国道174号線です。
わずか200mの距離の国道です。
 

楽しいドライブを楽しむために

目的地へ安心安全で向かうために、マイカーの空気圧などの自動車の日常点検を行いましょう。
さらにルームミラーやサイドミラー、座席位置などをしっかり調整、確認しておくと安心です。カーナビもありますが、事前に地図などで道路状況を把握しておくとより安全に、また思いがけない行楽地も発見できるかもしれません。

併せて、自動車保険の契約内容も確認しておくとよいでしょう。例えば、保険付帯のロードサービスでは、マイカーのバッテリーが上がってしまったときや、車のカギを閉じ込めてしまったとき、ガソリンがなくなってしまったときなど補償されることがあります。準備万全でドライブを楽しみましょう。

執筆者情報

みんかぶ(保険)クルーH

みんかぶ(保険)クルーH
  保険に関する役立つ情報を独自の視点でわかりやすく配信いたします。