ほけんのホント

個人年金保険に加入するなら、確定拠出年金を活用しよう!

公開日:2021-10-03

個人年金保険は老後の資金に備えるための保険で、契約時にあらかじめ定めた年金を受け取ることができます。この保険、貯蓄性はあるのですが、保険としての保障機能は一切ありません。
現在は低金利なので、商品としての魅力はないと言えるでしょう。円建て商品の多くは販売が停止されているぐらいです。

 

ただ、安心のためにどうしても加入したいというのであれば、確定拠出年金を活用することをおすすめします。確定拠出年金は銀行をはじめ、生命保険会社や証券会社など多くの金融機関が取り扱っています。確定拠出年金に個人が加入する場合の愛称は「iDeCo(イデコ)」といいます。

 

確定拠出年金では自分で運用する商品を選びます。投資信託や定期預金もありますが、個人年金保険を選ぶこともできるのです。

 

確定拠出年金の掛金は全額、所得控除を受けることができるので、節税効果が高くなります。例えば、毎月1万円の掛金を払うと12万円の控除を受けることができます。個人保険料控除の場合は、最大でも4万円しか控除を受けられません。

 

低金利の今、個人年金保険で資産を増やすことはできませんが、確定拠出年金を活用することで、効率よくお金を貯めることができるのです。

 

  通常の個人年金保険 確定拠出年金を活用した個人年金保険
所得控除の名称 個人年金保険料控除 確定拠出年金を活用した個人年金保険

12万円/年間
所得税率10%の
節税額

6,800円
所得税:4万円✕10%
   =4,000円
住民税:2万8,000円
 ✕10%=2,800円
2万4,000円
所得税:12万円✕10%
   =1万2,000円
住民税:12万円✕10%
         =1万2,000円
12万円/年間
所得税率20%の
節税額
1万800円
所得税:4万円✕20%
   =8,000円
住民税:2万8,000円
 ✕10%=2,800円
3万6,000円
所得税:12万円✕20%
   =2万4,000円
住民税:12万円✕10%
   =1万2,000円
確定申告
(会社員等)
必要なし 必要なし
中途解約 不可

 

 

【合わせて読みたい!】

❏投資信託初心者

3.iDeCoってなに!?

5.マンガ・アニメでわかるiDeCo

 

 

執筆者情報

みんかぶ(保険)クルーK

みんかぶ(保険)クルーK
  保険に関する役立つ情報を独自の視点でわかりやすく配信いたします。