コラム

【Q&A】自動車保険の人身傷害の金額

公開日:2021-10-29
相談者G

相談者G

 
 

自動車保険がもうすぐ満期になるのですが、そこで保険代理店の新しい担当者から、保険金額を上げてはどうかと熱心にすすめられています。

 

現在は人身傷害を保険金額3000万円で契約しているのですが、「もし人が亡くなったら3000万円では足りない。最低でも1億円の補償に変更した方が良い」と言われました。

たしかに保険金は多い方が良いかとは思ったものの、実際に見積りを見ると保険料がかなり高額になっていました。

独身で家族や知人を乗せることはないのですが、3000万円では足りないのでしょうか


ファイナンシャルプランナーA

ベストアンサー
ファイナンシャルプランナーA

 
 

人身傷害については、人を乗せることがなければ3000万円で良いと思います。

 

人身傷害とは「保険契約をしている自動車に搭乗している人(運転手、同乗者)が、事故によりケガまたは死亡した場合」の事ですので、質問者様が人を乗せることがあるか否かが問題になります。

もし乗せる機会があるのであれば、1億円はあった方が良いでしょう。

同乗者が万が一亡くなってしまった(もしくは高度障害状態になってしまった)場合、その方にご家族がいれば、何千万円という賠償金が必要になってしまいます。

※ご参考までに具体的な賠償金額の例を挙げると、ご家族がいる平均的な年収の40才代の会社員が亡くなった場合で、8000万円近くが必要になります。

 

またご参考までに紹介すると、対人賠償については話が変わります。

対人賠償は人を轢いてしまった等の場合に支払われるため、人身傷害とは対象が変わってきます。

そのため、対人賠償については無制限をお勧めします。もし未来のある小さなお子様や一家の大黒柱である働き盛りの方に対しての賠償ですと、1億円でも不足する可能性が高くなるからです。

2020年9月11日

 


ファイナンシャルプランナーB

ファイナンシャルプランナーB

 
 

はい、他人を死傷させるようなことがあれば、たしかに3000万円では足りないと思います。

ただ、生命保険などにも入っているでしょうし、補償対象は基本的に自分の家族であるため、赤の他人のことは考慮しなくてもいいと思います。

一方で、対人賠償は無制限でしょうか?自分の車でも家族・親族以外は対人賠償の対象であるため、無制限で契約していれば、高額所得の方を乗せて事故で死亡させてしまった場合でも十分に対応が可能です。

2020年9月11日

 

記事内容は回答時のものです(各回答に記載)。最新の内容をご確認ください。
【本記事は転載記事です。記事提供元はこちら
株式会社デザートブルーム

ほけん知恵袋,デザートブルーム

執筆者情報

ほけん知恵袋

ほけん知恵袋
株式会社デザートブルーム  保険をどこで、誰から、何を買いますか?
現在、保険は様々な場所で加入できます。
保険会社営業マン、保険ショップ、郵便局、銀行、証券会社、ネット・・・・・
保険加入において大事な事は何に加入するかは、もちろん大事なのですが、”誰から加入するか?”これに尽きると確信しています。
ほけん知恵袋では、ヒトのサービスに着目し、本当に、お客様から評価されているヒト、サービスを「見える化」し、保険サービスの在り方を追求していきたいと考えています。