コラム

【2−10限目】引っ越し時に損をしない方法

公開日:2021-12-21

引っ越し時に損をしない方法とは?

保険の解約

このような話をご存知ですか?

 

「賃貸を借りたときに『2年契約』『保険料2万円』の火災保険に加入しました。

1年後、転勤で引っ越すことになり、火災保険の解約を損害保険会社に連絡したところ、7000円のお金が戻ってきました。」

 

実は、解約の連絡をすることで、未経過分の保険料が返金されることがあります。

未経過分の保険料

 

なかなか教えてくれる人がいないので、火災保険を解約することでお金戻ってくることを知ってる人は、わずかしかいません。

そもそも、賃貸の契約手続きの一連の流れでサインすることがほとんどで、火災保険に加入したことを忘れてる人も多くいます。

 

また、先ほどの例のような短期の契約だけでなく、10年や35年といった長期契約した火災保険も返金される可能性が高いです。

他にも、自動車保険などケガの保険も、解約することでお金戻ってくるケースがほとんどです。

 

ぜひ覚えておいてください。

※単純な月割りで未経過保険料が計算されるわけではないので、詳しくは保険会社に確認してください。

 

今回の講座はこれで終わりです。


 

「請求できる保険に気づける!」

保険証券をパシャっと撮影するだけ!」

保険のカンタン一元管理アプリ「保険簿」はこちら

保険サービスロゴ

記事内容は執筆時点(2020年8月)のものです。最新の内容をご確認ください。
【本記事は転載記事です。記事提供元はこちら
株式会社IB

IB

執筆者情報

株式会社IB

株式会社IB
株式会社IB  保険の請求もれとは、「保険加入者自身が、請求できるはずの保険に気付けず、そもそも請求をしていない」ということです。我が国において、保険の請求もれは年間に1.6兆円発生していると推定(株式会社IB推定)しております。その結果、「治療をあきらめて亡くなった」とか「負わなくて済んだはずの経済的な負担を負った」といった悲しいことが起きています。
株式会社IB(アイビー)は、この命に関わる重要な社会課題の解決を目指します。