コラム

【Q&A】生命保険への複数加入と保障について

公開日:2021-12-29

相談者S

相談者S

 
 

先日ファイナンシャルプランナーさんとご相談させていただき、精神化に通院した経験のある私でも緩和型という保険に加入する事ができました。

相談させていただいた際に、緩和型の保険は保障が薄いと説明されましたので、告知義務期間が経過したのち、更に保障のしっかりとした保険に加入したいと考えています。

そこでご相談なのですが、複数の保険に加入していた時、重複する部分は複数の保険会社の保障を受ける事ができるのでしょうか。
大変初歩的なこととは存じますが、ご教示いただけますと幸いです。


ファイナンシャルプランナーA

ベストアンサー
ファイナンシャルプランナーA

 
 

生命保険の場合、重複した保障については各保険会社からそれぞれ保障を受けられます。
ただ重複している分について、例えば診断書を複数枚ご用意いただくなど、余計な手間や費用が掛かりますので、その点は予めご了承ください。
また一部例外はあり、先進医療特約については提出する書類の関係から、重複しての保険金給付(かかった技術料など)は難しい可能性があります。

2020年10月9日

 


ファイナンシャルプランナーB

ファイナンシャルプランナーB

 
 

ご質問ありがとうございます。
お尋ねの件ですが、複数の保険に加入されている場合、基本的にはそれぞれから保障を受けられると思われます。ただし最近では保険による不正請求を防ぐために、例えば医療保険を5,6社も加入するのは難しくなってきています。そのため適正な保障額を検討して必要な加入をお勧めします。

保険は万が一に備えるものであって、保険による不正な請求は正しく加入しているほかの加入者にも迷惑をかけることになりますのでご注意ください。
自分で判断が難しい場合は親しいFPに相談して保障内容をチェックしてもらうとよいでしょう。

2020年10月9日


ファイナンシャルプランナーC

ファイナンシャルプランナーC

 
 

ご質問の複数加入の場合ですが、生命保険は損害保険と違い、複数の商品に加入していたとしても重複して保障を受けることができます。

ご安心してください。

精神的なお悩みで通院治療を受けられていた方ですと、疾患によって期間の伸縮はございますが、治療の必要がなくなって5年程度経過していない場合は、健康な方が加入可能な一般の保険には加入できないことが殆どです。

緩和型保険は保障が薄いというより、最初から割増保険料をいただいているため保険料が割高、というイメージです。
治療が終了し他の保険に加入可能になられた場合、もし同じような内容で保険料がお安くなったり内容が充実するようでしたら、見直しもご検討することをお勧めいたします。

緩和型保険の見直しは慎重にしなければならないため、安心できるプランナーにご相談してご検討ください。

2020年10月9日

記事内容は回答時のものです(各回答に記載)。最新の内容をご確認ください。
【本記事は転載記事です。記事提供元はこちら

執筆者情報

ほけん知恵袋

ほけん知恵袋
株式会社デザートブルーム  保険をどこで、誰から、何を買いますか?
現在、保険は様々な場所で加入できます。
保険会社営業マン、保険ショップ、郵便局、銀行、証券会社、ネット・・・・・
保険加入において大事な事は何に加入するかは、もちろん大事なのですが、”誰から加入するか?”これに尽きると確信しています。
ほけん知恵袋では、ヒトのサービスに着目し、本当に、お客様から評価されているヒト、サービスを「見える化」し、保険サービスの在り方を追求していきたいと考えています。