コラム学資保険をロボアドバイザーで簡単比較――子どもの進路に応じた教育資金と必要な学資保険をAIで選ぶ

公開日:2018-07-31

 

学資保険(がくしほけん)とは、その名の通り学業にかかる資金の確保と、万が一の際の保険を組み合わせたものです。いわゆる貯蓄型の保険で、毎月決められた額の保険を払うことで、満期の際に学資金を受け取ることができます。

 

重要なポイントは、学資保険は生命保険の一種であることで、事故や病気などで学資保険契約者である親が亡くなった、あるいは就業不能となった場合などに、それ以降の保険料の支払いが免除され、満期時に学資金を受け取ることができるという点にあります。
 

生命保険に加入する一番大きな目的は、自分にもしものことがあった場合に、あとに残された家族の生活を守ることにあります。万が一の場合に、大切なお子様の教育資金を確保することは、将来に対しての重要な備えとなります。教育こそが、お子様のその後の人生を守る術になることは言うまでもありません。万一に備えるための生命保険に、学資保険という形で加入することのメリットはこの点につきると言えるでしょう。

 

もちろん、もしもの時などこないのが一番。その時には学資保険は、貯蓄性保険としての本領を発揮し、教育費が必要となるその時に手元に戻ってきます。学資保険の仕組みとメリットはお分かりいただけたでしょうか。

 

 

学資保険の選び方

 

では、学資保険はどのように選べばいいのでしょう。

 

最適な学資保険を選ぶには、お子様が大人になるまでに必要となる教育費を計算することが必要です。教育費の計算は、お子様の習い事や進路次第によって変わってきます。一般的には文部科学省が作成している資料を元に、公立の学校ならいくら、私立の学校ならいくら、もし予備校に通った場合はいくら、という具合に計算します。

 

この計算はなかなか骨の折れる作業なのですが、「じぶんの保険デザイン」では、ボタンクリック数回で簡単に複数のパターンを試算できます。

 

まず、「しっかりデザイン」を選んでプロフィールを入力

 

 

重要なのは子どもの人数と年齢。間違いがないように入力しましょう。

 

 

入力が終わると「デザインする」をクリックします。

 

以下のライフイベントが選べるので、「お子様の進学」だけを選んでみましょう。

 

 

そうすると、PCなら左下タブに「お子様の進学」が表示されるので、質問に答えていきます。

 

 

Q1はどの子の進学費用を検討するか、Q2は子どもの将来の夢、Q3は進路の計画、Q4は既に準備済みの教育資金。入力が完了したら「デザインをみる」をクリックします。すると、設定した進路に対して必要な教育資金が計算され、子どもが18歳になった時に必要になる教育費用を学資保険で受け取るために必要な保険料の概算が表示されます。

 

ここまでに必要な時間はわずか数分。たったこれだけで下調べや相談に出かけることもなく、必要な教育費と学資保険の目安が分かってしまいました。じぶんの保険デザインの利用はこちらからどうぞ。

 

じぶんの保険デザイン」で学資保険についてアドバイスを受ける。

執筆者情報
みんかぶ保険編集部

みんかぶ保険編集部
  保険に関する役立つ情報を独自の視点でわかりやすく配信いたします。

執筆者の紹介

みんかぶ保険編集部
みんかぶ保険編集部

保険に関する役立つ情報を独自の視点でわかりやすく配信いたします。

最新の記事


ページTOPへ