ほけんのホント保険の相談はどこで行う?FPや家族・親戚に相談した場合のメリットやデメリットを解説

公開日:2020-03-09 (更新日:2020-03-12)

 本当に信頼できる保険の相談方法】シリーズ Vol.2

将来,相談,二人
<写真=photo-ac.com>
 

前回の保険の相談はどこで行う?保険会社・代理店・銀行のメリットやデメリットとはでは、生命保険会社や保険の代理店、銀行の窓口に相談する場合のメリットやデメリットについて解説しました。
 

今回ご紹介する相談先は以下の2つです。
 

  • ・ファイナンシャルプランナー(FP)
  • ・家族・親戚


前回の記事と併せて読んでいただくことで、自分にとって最適な相談先が見つかるはずですのでぜひご一読ください。 

1. ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナー,FP,相談
<写真=photo-ac.com>
 

ここでは、相談料が有料である独立系のファイナンシャルプランナーに相談した場合のメリットやデメリットを解説します。
 

1-1. ファイナンシャルプランナーに相談するメリット

ファイナンシャルプランナーに相談するメリットは、以下の3点です。
 

  • ・保険だけでなく金融知識全般に比較的詳しい
  • ・中立的なアドバイスが期待できる
  • ・保険をセールスされる可能性が低い


FPは、金融全般の知識があるため、保険だけでなく投資や相続まで幅広く相談できます。
 

またFPは、保険会社からの手数料収入ではなく、顧客からの相談料が収入源となるため、保険の販売目的ではない中立的なアドバイスが期待できます。
 

特に証券会社や銀行のような、保険会社以外の金融機関出身の独立系FPは、保険を強くセールスする可能性は高くないでしょう。
 

1-2. ファイナンシャルプランナーに相談するデメリット

ファイナンシャルプランナーに相談するときは、以下の2点に気をつけましょう。 
 

  • ・相談するFPによって意見や考え方が大きく異なる可能性がある
  • ・複数回相談すると費用が高額になる


FPは、それぞれ保険に対する意見や考え方が大きく異なることがあるため、複数のFPに相談すると、全く違う提案をされる可能性があります。得意な分野も異なるため、あらかじめ相談内容を伝えておくと良いでしょう。
 

またFPの相談料は、1時間あたり1〜2万円程度かかることもあるため、複数回相談すると相談料が膨れ上がる可能性があります。提案書の作成に別途料金が必要な場合もあるため、料金については相談する前によく確認しましょう。
 

2. 家族・親戚

家族,親戚,信頼
<写真=photo-ac.com>
 

自分の家族や親戚に保険の相談をする人も多いでしょう。特に配偶者や子供がいる場合は、自分に何かあったときに家族が困らないように、保険についてしっかり話し合っておくことが大切です。
 

2-1. 家族や親戚に相談するメリット

家族や親戚に相談するメリットは以下の2つです。
 

  • ・相談者にとって最もメリットのあるアドバイスが期待できる
  • ・親戚が保険に携わる仕事をしているとさらに有益なアドバイスがもらえる可能性がある


家族や親戚に保険相談をすると、相談した人の利益を第一に考えた意見や答えが返ってくる可能性が高いでしょう。
 

また身内の中で、保険会社や代理店に勤めている人がいる場合は、その身内に相談することで、専門知識も合わせた効果的なアドバイスが得られる可能性があります。
 

2-2. 家族や親戚に相談するデメリット

家族や親戚への相談は良いことばかりではありません。以下の2点に気をつける必要があります。 
 

  • ・知識が古く、アドバイスが役に立たない可能性がある
  • ・親戚が保険の営業担当者である場合は押し売りされる可能性もゼロではない


保険料の計算時に用いられる料率や選択できる保障内容は、時代によって大きく異なります。そのため、家族や親戚が保険を検討したときから、長い年月が経過している場合は、有効なアドバイスを得られない可能性に注意が必要です。
 

また、親戚が保険の営業担当者である場合は、説明もそこそこに「これで入っておきなさい」と強引に保険を契約させられるケースもあります。さらに、その契約を勝手に解約するとトラブルになりかねません。
 

加えて親戚から保険会社や代理店、独立系FPなどを紹介されてしまうケースがあり、断りづらい状況に追い込まれることもあります。
 

3. 最も大切なことは自分自身が納得して保険に加入すること

相談,納得,夫婦
<写真=photo-ac.com>
 

保険の相談先には、それぞれ一長一短があるため絶対的なおすすめはありません。ただし、どこに保険を相談したとしても、最後は自分自身が納得して加入することが大切です。そのため、保険を選ぶときは自分自身でも保険について積極的に学びましょう。
 

また、保険料を少しでも安くしたい人は保険の代理店やFP、手厚いアフターフォローを求める場合は生命保険会社、のように目的に応じて相談先を選ぶのも1つの方法です。
 

3-1. これからの保険選びはロボアドバイザーからも可能に

保険の加入を考えていても、仕事や子育てに忙しい方や、窓口への来店が面倒と思っている方は、なかなか保険の相談をする機会を設けられません。
 

そんな人は保険ロボアドバイザーを利用すれば、インターネット環境さえあればいつでも、どこでも、カンタンに保険選びのサポートを受けられます。
 

まずは保険ロボアドバイザーを利用して、自分にとって必要な保険をイメージしてから、保険のプロへ相談すると、保険についてより深く納得したうえで加入できるでしょう。
 

>>自分に必要な保険を教えてくれるロボアドバイザーを試してみる

 

4. 自分に合った保険の相談先を探しましょう

二人,将来,話し合い
<写真=photo-ac.com>
 

保険は、もしもの場合にあなたや家族を金銭的にサポートしてくれる心強い存在です。しかし、保険料を払いすぎてしまっては、現在の生活が苦しくなりかねません。
 

限られた時間で自分に合った保険を選ぶには、保険の専門家や知識経験のある身内などのアドバイスが不可欠です。自分にとってどのような保障が必要なのか、何に価値を感じて保険料を払うのかを考えたうえで、自分に合った保険を探してみてはいかがでしょうか。
 

▲目次にもどる

 

執筆者情報
品木 彰(しなき あきら)

品木 彰(しなき あきら)
保険・金融ライター  大手生命保険会社にて7年半勤務し、チームリーダーや管理職候補として個人営業、法人営業の両方を経験。その後、人材会社で転職コンサルタントとしての勤務を経て、2019年1月よりwebライターとして独立。
保険、不動産、税金、貯蓄術など幅広いジャンルの記事の執筆や監修を行なっている。FP技能士2級。


ページTOPへ