障害基礎年金(しょうがいきそねんきん)

国民年金の加入中に初診日がある病気やケガが原因で障碍者になったときに支給される年金のことです。受け取る条件として、加入期間の3分の1以上保険料の滞納がなく、直近1年間に保険料のないことが必要です。所定の障害等級により支給額が決定されます。厚生年金に加入しているときには所定の条件により、加えて障害厚生年金を受け取ることができます。

執筆者の紹介

清水香(Kaori Shimizu)
FP&社会福祉士事務所OfficeShimizu代表 生活設計塾クルー取締役
清水香(Kaori Shimizu)

1968年東京生まれ。中央大学在学中より生損保代理店業務に携わる...