遺族基礎年金(いぞくねんきん)

国民年金の加入中に加入者が死亡したとき、18歳に到達する年度末日の子どもがいる配偶者もしくは、その子どもに支給される年金のことです。受け取る条件として、加入期間の3分の1以上保険料の滞納がなく、直近1年間に保険料のないことが必要です。厚生年金に加入しているときには所定の条件により、加えて障害厚生年金を受け取ることができます。

Books 遺族基礎年金(いぞくねんきん)に関連する用語 > 保険を学ぶ

執筆者の紹介

みんかぶ(保険)クルーY
みんかぶ(保険)クルーY

働き盛り・ミレニアル世代です。保険をうまく活用できるように新しい...