火災保険金(かさいほけんきん)

一般的に、火災や天災、盗難などの被害に対して受け取る保険金のことです。契約内容により、再調達価額や時価といった建物の評価方法が異なります。再調達価額では、同一条件で新たに建物を建築する金額とします。一方、時価額では、再調達価額から経年劣化、摩耗分を差し引いた評価額となります。

Books 火災保険金(かさいほけんきん)に関連する用語 > 保険を学ぶ

執筆者の紹介

服部 椿
AFP/2級ファイナンシャル・プランニング技能士
服部 椿

金融代理店での勤務経験と、自身の投資経験を活かしたマネーコラムを...