指定代理請求制度(していだいりせいきゅうせいど)

被保険者本人が、病気やケガにより給付金保険金などを請求することができない場合に、契約者が指定した代理人により給付金や保険金を請求できる制度のことです。例えば、重度の病気により、意思表示ができないときに利用することができます。一般的に指定代理を指定できる範囲としては、夫または妻や子などが該当します。

Books 指定代理請求制度(していだいりせいきゅうせいど)に関連する用語 > 保険を学ぶ

執筆者の紹介

星野 有可
フリーライター
星野 有可

2級FP技能士。早稲田大学を卒業後、大手保険会社に入社し、法人営...