SBI損保【評価・商品ラインナップ】

SBI損害保険株式会社
SBI損害保険株式会社
ソルベンシーマージン比率
help-with-circle

527.5%
(2022年12月時点)

格付け
help-with-circle

-

保有契約件数
help-with-circle

117万件
(2022年8月末時点)

どんな会社?

SBIグループの損害保険会社として2008年に創業し、インターネットを活用した新しい保険の在り方として「ダイレクト型損害保険」を言う新ジャンルを切り開いてきました。私たちは新しい時代に相応しい「新しい保険」をお届けするために、最先端の商品と最高水準のサービスを目指し日々更なる進化をしております。
これから新たに契約をご検討されるお客様に安心していただけるよう全力を挙げてまいります。

SBI損保の商品ラインナップ

保険会社サイトからネットお申込み・見積もりできます

SBI損保の自動車保険(総合自動車保険)

SBI損保
自動車保険
SBI損保の自動車保険(総合自動車保険)

どんな保険?おすすめポイントを解説

SBI損保の自動車保険は代理店を介さず、ネットで手続きができるダイレクト型の自動車保険です。「インターネット割引」や「証券不発行割引」などネット保険ならではの割引制度が特徴です。

また、すべての契約に「ロードサービス」が無料で用意されており最低限の補償で加入したとしても安心です。

より手厚くしたい方には2つの補償種類から選べる車両保険やオプションで追加できる特約も豊富に用意されています。
シニア・ライフ・コンサルタント / フィナンシャル・エージェンシー所属 生野 佳澄
check-alt 多くのユーザーが納得するリーズナブルな保険料が魅力
check-alt 保険料を抑えられる「割引制度」
check-alt 無料のロードサービスが充実
補償内容・サービス
車両 保険
ロード サービス
故障時 対応
クレカ 払OK
24時間 365日※

※事故受付24時間365日

保険料・割引サービス
ネット 割引
ゴールド 免許
走行 距離
無事故
35歳 以上
SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)(がん治療費用総合保険)

SBI損保
がん保険
SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)(がん治療費用総合保険)
掛捨タイプ

がん治療をあきらめない
治療費の負担を気にせず、最善の治療を選べるようにと治療費補償に特化したがん保険が誕生しました。保険診療に加えて、高額になりやすい先進医療や自由診療(※1)の治療費も実額補償(※2)します。 がん治療に携わる医師からも、「SBI損保のがん保険を勧めたい」という声をいただいています。 治療をあきらめるわけにはいかない、そんな責任ある人のためのがん保険です。

(※1)自由診療はSBI損保の支払基準を満たす場合に限ります。
(※2)公的医療保険制度にて保障されるべき金額(保険診療で可能な診療を自由診療にて行った場合の保険診療相当分、高額療養費相当額)はお支払いの対象となりません。治療費等の実額を支払う他の保険契約等から保険金等が支払われた場合または優先して支払われる場合は、治療費等の実額からその保険金等の額を差し引いて保険金をお支払いします。

こんな人におすすめの保険です!

医療技術が進む中で、実際にがんの治療費がどれくらいかかるのか不安な気持ちを持った方も多いのではないでしょうか。この保険はかかった費用を実額補償してくれるのでいくらかかったとしても安心して治療にあたれます。保険料も手軽なので、お守りとして気軽に入れる保険です。
フィナンシャル・エージェンシー所属 松井 翔子

SBI損保の基本情報

営業区分 損害保険
会社名 SBI損害保険株式会社
郵便番号 〒106-6090
会社住所 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー
会社の特徴 SBIグループの損害保険会社として2008年に創業し、インターネットを活用した新しい保険の在り方として「ダイレクト型損害保険」を言う新ジャンルを切り開いてきました。私たちは新しい時代に相応しい「新しい保険」をお届けするために、最先端の商品と最高水準のサービスを目指し日々更なる進化をしております。
これから新たに契約をご検討されるお客様に安心していただけるよう全力を挙げてまいります。
ソルベンシーマージン比率
help-with-circle

527.5%
(2022年12月時点)

格付け
help-with-circle

-

保有契約件数
help-with-circle

117万件
(2022年8月末時点)

※格付けは、債務者が債務を履行する能力(信用度)について、中立的な第三者機関である格付け会社が独自の基準により評価したものです。 保険財務カ格付けは、保険会社が保険契約の諸条件に従い保険金を支払う能力の前提となる保険会社の財務内容について示したものです。 また、長期債格付けは企業が社債などの特定の長期債務を履行する能力を、 短期債格付けはコマーシャルペーパーなど特定の短期債務の履行能力を示します。
※格付けはあくまで格付け会社の意見であり、保険金の支払が保証されるものではありません。
※格付けは現時点における格付けの評価であり、将来的に変化する可能性があります。
  • 当サイトでは、すべての損害保険会社の商品を掲載しているものではございません。保険代理店フィナンシャル・エージェンシーが取扱可能な保険商品を比較して掲載しております。
  • 当サイトの商品一覧に記載されている内容は、個人用の保険となります。
  • 当サイトの商品一覧は、保険商品の内容が全て記載されているものではなく、あくまで比較をしていただく上での参考情報としてご覧ください。
  • 商品一覧に記載されている商品名・内容は保険会社により異なります。また、条件等により適用されない場合があります。保険商品の内容については、必ず各保険会社が提供する契約概要・注意喚起情報・ご契約のしおりまたは約款、または保険代理店からの案内にてご確認をして頂きますようお願いいたします。