生命保険(死亡保険)の選び方・人気おすすめランキング

更新日:2024年03月03日
保険の無料相談について info-with-circle

はじめての方でもニーズに合った \ 生命保険が見つかる! /
生命保険(死亡保険)
選び方

生命保険を選ぶポイントは、家族構成や今後のライフプランから見て、万一の際に必要な保障が必要な期間カバーされているか?という点です。 そこで申し込む保険商品を決定する際には、以下の4ポイントをチェックすることが重要です。
これら4点をしっかり確認しながら生命保険(死亡保険)を選ぶことで、保障内容も保険料も 「納得できる生命保険(死亡保険)」 を選ぶことができます。 自分一人で判断するのは不安という方は、保険のプロに相談して一緒に決めるのがおすすめです。
専門家のひとこと
松井 翔子

3級ファイナンシャル・プランニング技能士 / フィナンシャル・エージェンシー所属

死亡保障金額を設定する際は、葬儀にかかる金額を把握しておくと良いでしょう。 亡くなった際の必要額の目安として、2022年の調査では、葬儀にかかる費用の総額は約110万円となっております。 参照:第5回お葬式に関する調査 https://www.kamakura-net.co.jp/newstopics/9302/

本コンテンツは 株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド が独自に制作しています。詳しくは コンテンツポリシー をご覧ください。

\ 保険の無料相談・見直しはこちら /
保険の無料相談について info-with-circle

search bluegray 500
 
生命保険(死亡保険)の種類から選ぶ

 
一生涯保障が続く安心感
おすすめ終身保険 人気ランキング

過去半年(2023年9月〜2024年2月)の期間内で、契約件数の多い保険商品のランキングを掲載しております。契約件数は、当サイトを運営する募集代理店フィナンシャル・エージェンシーで契約された保険商品のご成約件数を集計しています。

みんなの口コミ評価

3.8

(5件)

みんなの口コミ評価

3.5

(2件)

みんなの口コミ評価

4.0

(3件)
ランキング根拠について help-with-circle
\ 保険の無料相談・見直しはこちら /
保険の無料相談について info-with-circle

 
決まった保険期間と手頃な保険料で備える
おすすめ定期保険 人気ランキング

過去半年(2023年9月〜2024年2月)の期間内で、契約件数の多い保険商品のランキングを掲載しております。契約件数は、当サイトを運営する募集代理店フィナンシャル・エージェンシーで契約された保険商品のご成約件数を集計しています。

みんなの口コミ評価

4.2

(5件)

みんなの口コミ評価

3.0

(2件)

みんなの口コミ評価

3.0

(2件)
ランキング根拠について help-with-circle
\ 保険の無料相談・見直しはこちら /
保険の無料相談について info-with-circle

 
毎月一定額の保険金を受け取れる
おすすめ収入保障保険 人気ランキング

過去半年(2023年9月〜2024年2月)の期間内で、契約件数の多い保険商品のランキングを掲載しております。契約件数は、当サイトを運営する募集代理店フィナンシャル・エージェンシーで契約された保険商品のご成約件数を集計しています。

みんなの口コミ評価

3.7

(3件)

みんなの口コミ評価

4.0

(2件)

みんなの口コミ評価

3.3

(3件)
ランキング根拠について help-with-circle
\ 保険の無料相談・見直しはこちら /
保険の無料相談について info-with-circle
監修者
松井 翔子

保険業法に関連する各種コンプライアンス遵守体制の責任者経験が有り、約350名のFPの教育を担当。
保険全般の専門知識に加え、個人情報保護法、景品表示法など幅の広い法律知識も身に着け、お客様保護を第一としたFPの育成に従事。

本コンテンツは 株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド が独自に制作しています。詳しくは コンテンツポリシー をご覧ください。

 
生命保険(死亡保険)の選び方

生命保険の選び方
  • 「保険金額」と「保険料」と「保険期間」
  • 生命保険の種類を理解する
  • いつ・どんなときに備えて加入するか「目的」を明確にする
  • 加入目的を満たすためには、どんな保障内容が必要か考える
  • 保険金がいくら必要なのかを逆算する
  • 保障が「いつまで」必要なのか加入期間を確認する
  • 保険料の支払いがいつ終わるのかを確認する
  • 保険金の支払い条件・支払先も入念にチェック
  • 解約返戻金はいくら(何割)戻ってくるのかもあわせてチェック
  • 1つの保険では保障がカバーしきれない場合は「組み合わせて」カバーする

checkmark
 
「保険金額」と「保険料」と「保険期間」

生命保険(死亡保険)を選ぶ際、「保険金額」「保険料」「保険期間」という3つの要素のバランスはとても重要です。

保険金額

保険金額は、亡くなった際に受け取れる保険金のことです。 保険金額が必要額に比べて不足していると、家族が経済的に苦しい状況になってしまう可能性があります。一方で必要額に比べて過剰な保険金額を選ぶと、保険料が高くついてしまいます。

保険料

保険料は、保険契約を維持するために定期的に支払う必要がある費用のことです。 保険料が高すぎると金銭面での負担がかかり、日々の生活に影響が出てしまうかもしれません。一方で、安い保険料の場合は保険金額が不足している可能性もあります。

保険期間

保険期間は、保険契約が有効である期間のことです。 保険期間は自身のニーズに合わせて選ぶのが大切です。たとえば、子供が独立するまでの期間や、住宅ローンの支払い期間に合わせて選ぶことで決められます。

checkmark
 
生命保険の種類を理解する

生命保険は、被保険者が亡くなった場合に、保険金が受け取れる保険です。主に以下の3つの主要なタイプに分かれます。

終身保険 被保険者が亡くなるまで保障が続く、一生涯の保険
一部の終身保険には解約時に返戻金が受け取れることで、老後の資金として活用できる商品もあります。
定期保険 特定の期間のみ有効な保険(10年、65歳まで等)
ご家族の経済的保護が必要な、特定の期間に加入するのに適している商品です。
収入保障保険 被保険者が亡くなったり、病気等で収入を失ってしまった場合に保障される保険
日常の支出をカバーし、生計を維持するために役立ちます。

checkmark
 
いつ・どんなときに備えて加入するか「目的」を明確にする

生命保険(死亡保険)に加入する際は、加入する「目的」を明確にしておくことが大切です。 どのようなリスクに備えるのかに応じて、必要な保険金額や保障内容、保険期間などが変わってきます。 例えば、亡くなった際の葬儀費用を備えたいという「目的」と、収入を失ってしまった際の補填を「目的」とするのでは、選ぶべき保険商品は異なります。

みんかぶ
保険担当者
「目的」を明確に設定することにより、正しい保険が選べるようになります。

checkmark
 
加入目的を満たすためには、どんな保障内容が必要か考える

設定した加入する目的を満たすために、「どんな保障内容」が必要かを考えます。 例えば、亡くなった際の葬儀費用を備えたい場合には、高齢で亡くなった際に保険金が受け取れる保障内容を選択する必要があります。

checkmark
 
保険金がいくら必要なのかを逆算する

保障内容と同じように、目的を満たすために必要な保険金額を設定しましょう。 仮に葬儀費用が200万円かかったとして、受取った保険金が100万円だった場合、単純計算で自己負担額の100万円はのこされたご家族の負担になってしまいます。このように、目的を達成するためにはいくらあれば問題ないかを逆算して、保険金額の設定を行う必要があります。

checkmark
 
保障が「いつまで」必要なのか加入期間を確認する

ご自身の状況やご家族の状況によって、保障が必要な期間は異なります。どのような期間で必要なのかを明確にしておきましょう。 例えば、いま3歳の子どもが社会人になるまでの保障が必要な場合、20年の期間だけの定期保険に加入するという選択肢が出てきます。

checkmark
 
保険料の支払いがいつ終わるのかを確認する

保険料の支払いが続けられるよう、今後の見通しを考えた上で計画的な保険料支払いを行う必要があります。 支払年数は10年間で払い終わるものや、65歳で払い終わるもの、保険をお持ちの間ずっと払い続ける終身払いなど様々あるので、ご自身の状況に応じて決めるのがよいでしょう。

みんかぶ
保険担当者
保険料の支払が出来なくなってしまうと、保険の契約が消滅してしまう恐れがあります。注意しましょう。

checkmark
 
保険金の支払い条件・支払先も入念にチェック

保険金の請求を行う際は、支払条件に該当しているのかどうかを確認する必要があります。 保険証券等を確認すれば判別が付くケースもありますが、心配な方は保険会社に直接確認するのもよいでしょう。また、支払先の口座がどの口座であるかの確認も必須です。

checkmark
 
解約返戻金はいくら(何割)戻ってくるのかもあわせてチェック

保険商品によっては、解約時にいくらか戻ってくる保険もあります。解約返戻金がある商品である場合、解約時にはいくらの戻りがあるのかを把握しておきましょう。

みんかぶ
保険担当者
契約後に短期間で解約した場合は、返戻金は全くないか、あってもごくわずかとなる可能性がありますので注意しましょう。

checkmark
 
1つの保険では保障がカバーしきれない場合は「組み合わせて」カバーする

加入目的が複数ある場合など、1つの保険だけではカバーできないケースがあります。その場合には、複数の保険商品を組み合わせて備える事が必要です。 例えば、亡くなったときの葬儀費用と、子どもが成人になるまでの金銭リスクに備えるのが加入目的の場合、終身保険と定期保険を組み合わせて加入するのが良いでしょう。

\ 保険の無料相談・見直しはこちら /
保険の無料相談について info-with-circle

生命保険(死亡保険)に関するよくある質問

Q
生命保険と共済の違いは何ですか?
A
生命保険と共済保険は運営組織が異なります。生命保険は保険会社が運営しているのに対して、共済保険は協同組合が運営しています。そのため、生命保険は不特定多数の方が対象で、共済保険は組合員が対象です。さらに、一般的には生命保険は保障内容・プランが幅広く、共済保険は死亡保障と医療保障がセットになったシンプルなパッケージ商品という特徴があります。いざというときの備えとして求める保障と経済状況等を考慮して自身に合ったものを選びましょう。
Q
生命保険と老後の備えはどのように関連していますか?
A
老後、退職した後も生活費は掛かり続けます。年金の受給や預貯金の切り崩しで、生活を続けることが可能かどうかを考える必要があるでしょう。また、そのような生活費だけでなく、亡くなった際の葬儀費用や家族へ残す資産、さらに病気やケガ等で治療が必要になってしまった場合の費用等についても考えなければなりません。無理がなければ生命保険も備えておくことをおすすめします。年金生活の中で保険料を支払うことは難しいという意見もありますが、そのような生活の中で治療が必要になってしまった場合も想定して老後の備えを検討すると良いでしょう。
Q
生命保険を結婚や子供の誕生に合わせて見直すべきですか?
A
見直すことをおすすめします。既に保険に加入されている場合、保険金の受取人や給付金の代理請求が可能な方等の指定を配偶者に変更する方が良いでしょう。また、家族が増えることで必要な保障自体が変わる、増えるということもあります。環境が変わった際は、自身に必要な保障を過不足なく備えられているか見直すとよいでしょう。
Q
生命保険はいらないと聞いたことがあります。本当に必要ですか?
A
資産や個人の考え方によります。公的医療保険では治療費の自己負担は軽減されるものの、全額カバーはされません。入院や先進医療の選択肢、亡くなった場合の家族の費用も考慮が必要です。十分な貯蓄がある方は生命保険の必要性は低いかもしれません。
Q
掛け捨て型と貯蓄型(積立型)の生命保険はどちらがよいですか?
A
手頃な保険料で保障を得たい場合は掛け捨て型、将来の返金を希望するなら貯蓄型(積立型)をおすすめします。
Q
解約返戻金とは何ですか?
A
解約した際に受け取ることができるお金です。解約返戻金の金額は保険期間や経過年数により変わりますが、支払った保険料総額よりは少ないことが一般的です。
Q
保険料の割引ってありますか?
A
保険商品によっては保険料の割引があります。健康状態に関する保険会社が定める基準を満たした場合に、保険料が割安な優良体保険料率で申し込める商品などがあります。
Q
健康上問題があると、生命保険には加入できないのですか?
A
加入できない場合もあります。多くの保険商品は、健康状態に関する告知を保険会社にし、生命保険に加入できるかどうかの審査があります。健康状態に関する引受基準を緩和した「引受基準緩和型」の商品や、健康状態の告知を必要としない「無選択型」の商品を扱う保険会社もありますが、審査が厳しい商品と比較すると保険料は割高になります。保険料が割安な生命保険を検討できるのであれば、早めにお考えになることをおすすめします。
Q
告知や医師の診査なしで契約できる生命保険はありますか?
A
あります。健康状態の告知を必要としない「無選択型」と言われる商品を扱う保険会社もあります。
Q
生命保険に加入すると、税の負担が軽減されるケースがあると聞いたことがあります。本当ですか?
A
はい、生命保険料控除という制度により税負担が軽減されます。一定の金額がその年の所得から差し引かれ、所得税や住民税の負担が軽減されます。
Q
保険会社が倒産した場合、契約はどうなりますか?
A
国内で事業を行う全ての生命保険会社は、生命保険契約者保護機構に加入しています。保険会社が倒産してしまった場合でも、破綻時点の補償対象契約の責任準備金の90%まで補償されます。契約が全くなくなってしまうということはありませんのでご安心ください。
Q
生命保険は本当に必要?入ってはいけない保険を調べる方法は?
A

生命保険は、自分の死亡による家族や親族の経済的負担を軽減するためのものです。したがって、経済的なサポートを必要とする家族や親族がいない方には、死亡保険が必要ないという考え方もあります。

しかし、病気やケガでの治療が必要になった場合は、大きな治療費が発生する可能性があります。こうした場合には、死亡保険に付帯する「リビング・ニーズ保険金」のような特約が役立つことがあります。これは、生存中に死亡保険金の一部を受け取ることができる制度です。

結論として、突如として発生する経済的な出費を、すべて自身の貯蓄だけで賄える方を除き、一律に生命保険が不要であるとは断言できません。

また、入ってはいけない保険を強いて挙げるのであれば、経済的に負担となる保険料が掛かる保険です。自身のライフスタイルや経済状況に合わせた適切な保険料の保険を選びましょう。

保険のプロに無料相談する
Q
生命保険と医療保険のちがいは?
A
「生命保険」は、「医療保険」を含めて生命保険会社が取り扱う商品全般を指す場合と、「死亡保険」を指す場合とがあります。
「死亡保険」は、保障の対象者が亡くなった際や高度障害状態になってしまった際などに、受取人に対して保険金が支払われます。対して「医療保険」は、保障の対象者が病気やケガで入院や手術を受けられた際に、保障の対象者に給付金が支払われます。(※保険商品によって保障内容が異なります)
Q
生命保険に加入するメリットとは?
A
病気やケガによる治療の際、保険に加入されていない方の多くは預貯金を取り崩して支払いにあてることでしょう。預貯金と保険は基本的に異なるため、直接的な比較は難しいですが、100万円が必要になる状況を例に説明します。金融機関に毎月5,000円を預けると、100万円を溜めるのに約16.7年、つまり200ヶ月が必要です。この間に100万円の出費が必要な場合、預貯金では賄えません。
一方、保険にはそのようなリスクがありません。保険金・給付金額が100万円の契約で保障が開始した後に、支払事由に該当すれば100万円を受け取ることができます。保険に加入するメリットは、所定の支払事由に該当すれば、保険料をまだ1ヶ月分しか支払っていなかったとしても保障を受けられることです。
Q
死亡保険金とはなんですか?
A
保障の対象者が亡くなった際に、受取人に支払われる保険金のことを指します。
Q
高度障害保険金とはなんですか?
A
高度障害保険金は、被保険者が高度な障害状態になった際に受取人に支払われる保険金です。一般的に、視力・言語・そしゃく機能や手足を失ってしまった場合などを指し、詳細は各保険会社が定めています。
Q
生命保険は何歳から入るべきですか?
A
明確な答えは存在しません。しかし、多くの保険商品では健康状態の告知が求められるため、健康な段階での加入が理想的です。病気やケガの後では、選べる保険プランが限られることが多く、また保険料が高くなるリスクもあります。加えて、健康状態が変わらなくても、加入年齢に応じて保険料や保障内容が異なることが一般的です。そのため、後悔しない選択をするためにも、早めの検討と加入をおすすめします。
Q
終身と掛け捨ての生命保険はどちらがよいですか?
A
「掛け捨て」は保険料が返還されないタイプで、対になるプランとしては「積み立て」があります。「終身保険」は保険期間が生涯続くタイプで、対になるプランとしては「定期保険」があります。終身保険を掛け捨てで加入することもできるため、どちらがいいか比べることはできません。
Q
生命保険の受取には税金がかかりますか?
A
生命保険の受取金には税金が発生します。生命保険の保険金の受け取りに際してかかる税金の種類は、契約者、被保険者、及び保険金受取人の関係性によって異なります。

契約者と被保険者が同一:相続税
契約者と保険金受取人が同一:所得税
契約者、被保険者、保険金受取人が全て異なる:贈与税
各税率や控除等の詳細については、最新の税法や専門家のアドバイスを参考にしてください。
Q
生命保険の非課税枠ってなんですか?
A
生命保険の非課税枠とは、生命保険の保険金の受け取りにおける特定の税制上の優遇措置を指します。具体的に、契約者と被保険者が同一で、かつ保険金受取人が契約者・被保険者の法定相続人である場合、保険金は相続税の課税対象となります。しかし、500万円×法定相続人の数の金額までが非課税とされ、この範囲内での受け取りは相続税がかからないという制度です。この金額を超えた部分が課税対象となります。
Q
相続対策として生命保険は有効ですか?
A
有効です。契約者と保障の対象者の続柄に注意が必要ですが、相続税の対象になるときに「500万円×法定相続人の数」分の非課税枠を使うことができる可能性があります。
Q
生命保険のクーリングオフはできますか?
A
保険会社によって手続き方法や対応可能期間などの違いはありますが、生命保険にもクーリングオフ制度はあります。
Q
生命保険控除の確定申告しないとどうなりますか?
A
所得税・住民税の軽減がされず、損をします。
Q
確定申告で生命保険料控除を受けるにはどのようにすればよいですか?
A
手続きに必要な書類や手続き方法は下記の記事で開示しています。確認してみてください。
Q
年齢別の死亡保険の平均金額はどれくらいですか?
A
生命保険文化センターの2021年度生命保険に関する全国実態調査によると下記になります。
世帯主の年齢 死亡保険金額
29歳以下 2,027万円
30~34歳 2,516万円
35~39歳 2,525万円
40~44歳 2,714万円
45~49歳 2,980万円
50~54歳 2,296万円
55~59歳 2,312万円
Q
生命保険の保険料は月々いくらぐらいかかりますか?
A
生命保険文化センターの2022年度生活保障に関する調査によると下記になります。
年代 性別 年間払込保険料の平均
20歳代 男性 11.9万円
女性 9.6万円
30歳代 男性 19.9万円
女性 14.0万円
40歳代 男性 22.4万円
女性 18.6万円
50歳代 男性 25.5万円
女性 19.0万円
  • 当サイトでは、すべての生命保険の商品を掲載しているものではございません。保険代理店フィナンシャル・エージェンシーが取扱可能な保険商品を掲載しております。
  • 当サイトの生命保険商品一覧に記載されている内容は、個人用の生命保険となります。
  • 当サイトの生命保険商品一覧は、保険商品の内容が全て記載されているものではなく、あくまで比較をしていただく上での参考情報としてご覧ください。
  • お仕事の内容・健康状態・保険のご加入状況などによっては、ご契約をお引受けできない場合や保障内容を制限させていただく場合があります。
  • 生命保険商品一覧に記載されている内容は、条件等により適用されない場合があります。保険商品の内容については、必ず各保険会社が提供する「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり抜粋」または「ご契約のしおり/約款」、また保険代理店からの案内にてご確認をして頂きますようお願い致します。
保険のプロへの無料相談について
保険の選び方・迷っていることを
ファイナンシャルプランナーに
無料でご相談いただけます!
check-alt

納得いくまで何度でもご相談OK

メールや電話にて保障内容について質問したり、条件を変えて何度でも商品のカスタマイズができるので安心です。
もちろん無料でご相談いただけます!
check-alt

見積もりだけでも大丈夫!

ご希望の保障内容で、見積もり内容のみを確認していただくことも可能です!
ネット申し込みできる商品も見積もり作成しますので、見積もり確認後に自分でネットから申し込むこともできます。
check-alt

面倒な契約手続きまで一貫サポート

加入に必要な書類の準備や、すでに加入している保険との切替時期の相談など、契約手続きも手厚くサポートを受けられます。
さらに、契約したあとに証券を無くしたときや保険金を請求するときもサポートを受けられます。
\ 保険の無料相談・見直しはこちら /
保険の無料相談について info-with-circle

general
 
保険会社一覧

生命保険会社
B23N1198(2023.9.15), 2309-KL08-H0186, HL-P-B1-23-00863(使用期限:2026.1.31), 募資S-2308-400-99, 代HS-23-486-430(2024.2), 代HS-23-487-430(2024.2), B23N1197(2023.9.15), HL-P-B1-23-00864(使用期限:2026.1.31), HL-P-B1-23-00862(使用期限:2026.1.31), B23N1196(2023.9.15), 代HS-23-488-430(2024.2)