kasai_icon
 
戸建て向け おすすめ火災保険ランキング

戸建て向け火災保険 おすすめランキング

戸建て向け火災保険のおすすめランキングです。保険料の例や、実際に加入した人の口コミを見ながら、自分に合った火災保険を選びましょう。

 
【戸建て向け】火災保険 人気おすすめランキング

過去半年(2024年1月〜2024年6月)の期間内で、契約件数の多い保険商品のランキングを掲載しております。契約件数は、当サイトを運営する募集代理店フィナンシャル・エージェンシーで契約された保険商品のご成約件数を集計しています。

お客様のニーズに合わせて設計が可能

損保ジャパン*のTHE すまいの保険は、お客さまの視点から火災保険の安心を見つめる火災保険です。お客さまの生活環境やライフプランにあわせて、幅広い補償からピッタリのプランが選択できます。

*<引受保険会社>損害保険ジャパン株式会社

長期契約

help-with-circle

自動付帯

新価基準

help-with-circle

自動付帯

水災

自動付帯

(取り外しOK)

風災

自動付帯

地震火災費用

自動付帯

建てかえ費用

help-with-circle

自動付帯

臨時費用

help-with-circle

自動付帯

(取り外しOK)

保険料の例

見積もり条件 help-with-circle
保険料

83,590円 / 5年

※1年契約の場合 19,150円

保険金額

建物 2,300万円

家財 300万円

監修者のひとこと

手厚い補償ともしもの時の安心を確保したい方におすすめの商品になります。
例えば、台風によって屋根に損害が生じた場合、屋根の修理費用だけでなく諸費用として、損害調査費用やブルーシート養生費、壊れた材木等の運搬処分費用、住めなくなる場合は修理期間中の代替賃借費用等様々な項目でお金が掛かります。
こちらの保険であれば、屋根を治す復旧費用だけでなくそれに付随する全ての費用が丸ごと保障の対象として支払われますので、非常に手厚いです。(損害状況等によって異なる)
また、加入時に付帯できる特約の種類が多く、様々なニーズに対応ができる商品になっているため手厚い保障を確保したいという方にとってぴったりな保険と言えるでしょう。

野口 敬介

2級ファイナンシャル・プランニング技能士 / トータル・ライフ・コンサルタント(生命保険協会認定FP) / フィナンシャル・エージェンシー所属

SJ23-10008(2024/02/19)

日常から災害時まで手厚い補償で安心できる火災保険

トータルアシスト住まいの保険は、いざという時に備えた基本の補償が、しっかりと自動付帯されている火災保険です。また自然災害発生時には対策本部が設置されるなど、災害に備えておきたい方にとっても安心です。

長期契約

help-with-circle

自動付帯

新価基準

help-with-circle

自動付帯

水災

自動付帯

(取り外しOK)

風災

自動付帯

地震火災費用

自動付帯

建てかえ費用

help-with-circle

なし

臨時費用

help-with-circle

特約あり

保険料の例

見積もり条件 help-with-circle
保険料

75,840円 / 5年

※1年契約の場合 16,590円

保険金額

建物 2,300万円

家財 300万円

監修者のひとこと

手厚い補償内容の火災保険を探している方には、ぴったりな保険です。
特に、自動付帯されている費用保険金は、
・消火活動で使用した消火薬剤の詰め替え費用
・隣家へ火事による損害が生じた際のお見舞費用
・水道管が凍結して破裂した際の費用
など様々な費用に対して支払われます。

また、 24時間365日お電話で救急の専門医や看護師に医療相談ができたり、夜間救急病院のご紹介や、高齢者の生活支援や介護に関する相談サービスも自動付帯されています。
安心して暮らせる各種サービスが豊富なのは、東京海上日動の火災保険の魅力です。

野口 敬介

2級ファイナンシャル・プランニング技能士 / トータル・ライフ・コンサルタント(生命保険協会認定FP) / フィナンシャル・エージェンシー所属

23TC-008923

さまざまなリスクに対応できる火災保険

「頼れる」「迅速」「優しい」をコンセプトに、すまいの安全をしっかり守ります。 万が一の際は、24時間365日安心の事故対応サービスで、日常生活も自然災害も早期の解決を支援します。

長期契約

help-with-circle

自動付帯

新価基準

help-with-circle

自動付帯

水災

自動付帯

風災

自動付帯

地震火災費用

自動付帯

建てかえ費用

help-with-circle

なし

臨時費用

help-with-circle

自動付帯

(取り外しOK)

保険料の例

見積もり条件 help-with-circle
保険料

80,730円 / 5年

※1年契約の場合 17,900円

保険金額

建物 2,300万円

家財 300万円

監修者のひとこと

もしもの時に手厚いサービスを提供できるよう、体制をしっかり整えている保険会社です。

24時間365日で対応してくれることはもちろんのこと、法律や税務の相談ができる「すまいの安心サポート」や「すまいの現場急行サービス」など、日常のトラブルにも備えられます。


また、補償範囲も広いのがポイントです。
もしもの際、仮住まい等の費用や仮修理費用の補償等をしてくれる「災害緊急費用特約」では、ペットが宿泊できるペットショップ・ペットホテル等、ペットの仮住まいも補償されます。



 さらに、あいおいニッセイ同和損保のペット保険「ワンにゃんdeきゅん」の保険料が5%割引になるなどのサービスもあり、ペットを飼っていらっしゃる方にもおすすめの保険です。

野口 敬介

2級ファイナンシャル・プランニング技能士 / トータル・ライフ・コンサルタント(生命保険協会認定FP) / フィナンシャル・エージェンシー所属

B24-200179(あいおいニッセイ同和損保 東京北支店新宿支社 東京都渋谷区代々木3-25-3 あいおいニッセイ同和損保新宿ビル17F TEL:050-3460-1265)

楽天ポイントが貯まる・使える!※ リーズナブルでもあんしんな火災保険

ハザードマップに基づく診断で、水災リスクが低い地域は保険料がお手頃になる業界初の火災保険です。 さらに、ネットから加入手続きをすると、保険料が10%オフになります。


※ポイント進呈・利用には一定の条件および上限があります。

※ネット割をご希望の場合は見積もり後に案内担当者へご相談ください。(地震保険は割引対象外)
お申込みにあたっては、楽天IDによるログインを必須とします。

長期契約

help-with-circle

自動付帯

新価基準

help-with-circle

自動付帯

水災

自動付帯

(取り外しOK)

風災

自動付帯

地震火災費用

自動付帯

建てかえ費用

help-with-circle

特約あり

臨時費用

help-with-circle

自動付帯

(取り外しOK)

保険料の例

見積もり条件 help-with-circle
保険料

83,580円 / 5年

※1年契約の場合 18,780円

保険金額

建物 2,300万円

家財 300万円

監修者のひとこと

「ホームアシスト(家庭総合保険)」は、事故の際に付随して補償される費用保険金があります。

 
例えば、火災等によりホテル等に宿泊した際の宿泊費用が受け取れる「緊急時仮住い費用保険金」や、建物のドアの鍵が盗取され、ドアロック(錠前)の交換費用を支出した際に保険金が受け取れる「錠前交換費用保険金」などの付随費用の補償が付いてきます。



 また、アプリ「楽天保険の総合窓口」では、いつでもご契約者自身で補償内容を確認できたり、損害が出てしまった際の連絡ができたりと大変便利です。

野口 敬介

2級ファイナンシャル・プランニング技能士 / トータル・ライフ・コンサルタント(生命保険協会認定FP) / フィナンシャル・エージェンシー所属

C24-04-060

家族が安心して暮らすすまいだからこそ わかりやすく確実な保険でありたい

GK すまいの保険(すまいの火災保険)は、すまいのリスクを6つに整理し、補償内容をシンプルかつわかりやすくしています。他社と比較して、充実したオプション特約も特徴です。
また日常のトラブルにも駆けつける「暮らしのQQ隊」も要チェックです。

長期契約

help-with-circle

自動付帯

新価基準

help-with-circle

自動付帯

水災

自動付帯

(取り外しOK)

風災

自動付帯

地震火災費用

自動付帯

建てかえ費用

help-with-circle

なし

臨時費用

help-with-circle

自動付帯

(取り外しOK)

保険料の例

見積もり条件 help-with-circle
保険料

79,970円 / 5年

※1年契約の場合 17,730円

保険金額

建物 2,300万円

家財 300万円

監修者のひとこと

幅広い補償に対応できる火災保険を探している方に、おすすめの保険です。

特にマンションに住んでいる方であれば、自動付帯される「バルコニー等専用使用部分修繕費用特約」が魅力的です。
この特約は、事故によりバルコニー等の共用部分が損害を受けて、自己の費用で修繕した場合に補償してくれます。
※1回の事故につき、1敷地内ごとに30万円限度



また、「暮らしのQQ隊」で日常のトラブルにも備えられます。トイレの詰まりや、カギの紛失など…30分程度の作業であれば、作業費も出張代も24時間365日無料になる心強いサービスです。
このように、万一の際のあんしんと日常生活のあんしん、両方に備えることができるのが特徴です。

野口 敬介

2級ファイナンシャル・プランニング技能士 / トータル・ライフ・コンサルタント(生命保険協会認定FP) / フィナンシャル・エージェンシー所属

B24-100075 承認年月:2024年4月

ランキング根拠について info-with-circle
\ 保険料を安く抑えるなら /
一括見積もりについて info-with-circle
監修者
野口 敬介

13年以上金融業界に携わり、個人のお客様だけでなく法人のお客様へのコンサルティングを行っている。
保険全般の専門知識に加え、税金関係、金融商品関係の幅広い知識を身につけ、お客さまのライフプランに適した商品内容を提案。
お客様の人生に寄り添ったファイナンシャルプランを策定し、財務の安定と将来の成功に向けたサポートを提供しています。

本コンテンツは 株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド が独自に制作しています。詳しくは コンテンツポリシー をご覧ください。

 
戸建て向け 火災保険の選び方

必要な保険金額と補償を決めるポイントは?

checkmark
 
戸建て向けの火災保険を選ぶポイント

戸建て向けの火災保険を選ぶポイント

戸建て向けの火災保険を選ぶ際には、以下4点をしっかり考えることで、納得のいく保険選びができます。

  • ①保険金額は「新価(再調達価額)」に設定する
  • ②補償は立地やハザードマップを確認して災害リスクを考える
  • ③見落としがちな「費用保険金」もしっかりと考慮しよう
  • ④地震の被害は火災保険ではカバーできない!地震保険の加入がおすすめ

それぞれのポイントで「どんなところに注目すれば良いのか」をわかりやすく説明します。

みんかぶ
保険担当者

もし、自分で保険選びができるか不安、面倒だと感じているのであれば、一括見積もりの活用もおすすめですよ。

checkmark
 
保険金額は「新価(再調達価額)」に設定する

保険金額は「新価(再調達価額)」に設定する

保険金額は、建物の新価(再調達価額)をもとに設定するのが一般的です。
新価(再調達価額)とは、現在建て替えるために必要な費用のことです。新価(再調達価額)は、不動産鑑定士に依頼して算定してもらえます。

例)
築20年の木造2階建て住宅(延床面積100㎡)
新価(再調達価額)が3,000万円の場合
保険金額は3,000万円に設定する

たしかに、保険金額を低く設定すると保険料が安くなりますが、被害に遭った際に必要な費用をまかなえない可能性があります。

例えば、保険金額を2,000万円に設定した場合、被害に遭って同等の建物に建て替える場合1,000万円を自己負担する必要があります。

万が一の時に「自己負担額」を最小限にするためにも「新価」を保険金額に設定するのがおすすめです。

checkmark
 
補償は立地やハザードマップを確認して災害リスクを考える

補償は立地やハザードマップを確認して災害リスクを考える

戸建てに火災保険や地震保険をかける際は「その地域特有の災害リスクがないか」 を確認しましょう。「ハザードマップ」や「地震に関する地域危険度測定調査 」を活用すると便利です。
地震に関する地域危険度測定調査 | 東京都都市整備局(東京の場合)

具体的には、以下のような災害リスクをチェックします。火災保険では火災だけでなく、水災などのその他の自然災害や、盗難などの災害以外のリスクもいっしょに考える必要があります。

災害リスク チェックポイント
火災 住宅が密集している地域では、隣家への延焼リスクも考えて「類焼損害特約」の付帯を考える。
落雷 JLDN 全国落雷マップで、自分の地域が落雷の確率が高いかを確認。
※基本補償に入っているため特約の付帯は必要なし
破裂・爆発 ※基本補償に入っているため特約の付帯は必要なし
風災 台風が通過しやすいなど毎年被害が出ている地域であれば、基本補償にプラスすることを推奨。
雹災・雪災 大雪が降る地域に戸建てを保有している場合は、付帯することを推奨。
水災 台風や大雨による被害が多い地域の場合は、洪水・床上浸水などの損害をカバーするために付帯を検討する。
※特に川沿い・海沿いの場合
盗難 警視庁の「住まいる防犯110番」によると、共同住宅より戸建て住宅の方がリスクが3倍近くあるとされているため付帯しておいたほうが安心。
※ご自身で警備会社と契約してセキュリティが担保されている場合は必要性は下がる

補償内容は「住んでいる地域」によって、最適解が異なります。また、自分で災害リスクを正しく把握するのが難しいと感じる場合は、一括見積もりで保険のプロと相談しながら決める方法もあります。

checkmark
 
見落としがちな「費用保険金」もしっかりと考慮しよう

費用保険金を考える

火災保険の保険金は「建て直し費用」はカバーできますが、その他の倒壊した瓦礫の処分費用や仮住まい(ホテルなど)の宿泊費は補償されません。

住まいが一時的に使えないだけでなく、出費までかさんでしまったらさらに気が滅入ってしまいますよね。

そこで役立つのが「費用保険金(見舞金)」です。費用保険金は「任意」で付帯する補償のため見落としがちですが、万が一の際に頼りになる補償です。

費用保険金(見舞金)の種類 特徴
臨時費用保険金 火災保険金の支払いが認められた時に、保険金が上乗せで受け取れるもの。
上乗せ額の上限は異なり、損害保険金の10%もしくは100万円~300万円のいずれか低い方など、保険会社によって定められています。
地震火災費用保険金 地震などによる火災で損害が一定割合になった場合、保険金額 × 5%などが受け取れる補償のこと。
凍結水道管修理費用保険金

建物の専用水道管が凍結によって損壊を受けたとき、これを修理する際の費用(実費)を受け取れる補償のこと。

※限度額は10万円となるケースもある

損害防止費用保険金

消火活動のために費消、損傷した物の再取得に要する費用を受け取れる補償のこと。

例)自宅の火災により消火器を使用し、その消火器の再取得に掛かる費用など

残存物片付け費用保険金

損害を受けた保険の対象の残存物の片付け費用を補償すること。

例)取り壊し費用、取り片付け清掃費用、搬出費用など

失火見舞費用保険金

保険の対象となる建物から火災・爆発・破裂が発生し、第三者の所有物に損害が発生した場合に、第三者に支払う損害金のこと。

例)自宅でガス漏れにより火災が発生し、隣の家に損害を与えてしまったなど

みんかぶ
保険担当者

お支払いに問題がなければ、費用保険金を設定しておくことをおすすめします。

checkmark
 
地震の被害は火災保険ではカバーできない!地震保険の加入がおすすめ

地震の被害は火災保険ではカバーできない!

火災保険は、火災のほか、風災、雹災、雪災、水災、落雷、爆発、盗難、落下物、いたずらなどの自然災害や事故による損害を補償する保険ですが、地震による損害は補償対象外とされています。

地震は、日本では頻繁に発生する自然災害です。近年でも、2011年の東日本大震災や2022年の福島県沖地震など、甚大な被害をもたらす大地震が発生しています。

地震による被害は火災保険では補償されないため、地震保険に加入することで、地震による損害に備えることができます。

地震保険は、火災保険とセットで加入する必要がある保険です。地震保険の保険金額は、火災保険の保険金額の30~50%の範囲内で設定することができます。

地震保険に加入するときの注意点


  • 地震保険は、火災保険とセットで加入する必要があるため、火災保険に加入していない場合は、まず火災保険に加入する必要があります。
  • 地震保険の保険金額は、火災保険の保険金額の30~50%の範囲内で設定することができます。
  • 地震保険には、免責金額が設定されています。免責金額とは、地震による損害が発生した場合に、保険会社から支払われる保険金の対象から除かれる金額です。
みんかぶ
保険担当者

地震保険は、地震による損害に備えるためにぜひとも加入しておきたい保険です。

\ 保険料を安く抑えるなら /
一括見積もりについて info-with-circle

 
保険料や補償内容をまとめて比較

アパート・マンションオーナー向けの火災保険

マンション・アパートオーナーが火災保険に入らないと、不測の事態による賃貸経営上のリスクをカバーできません。リスクに備えるため、火災保険の加入は必須と言えます。

\ 保険料を安く抑えるなら /
一括見積もりについて info-with-circle

戸建て向け 火災保険に関するよくある質問

Q
戸建て用火災保険の選び方は?
A
補償の内容、構造の確認、補償範囲の設定など様々なポイントがあります。ご自身のニーズと居住地の災害リスクを考えて適切な保険を選ぶ必要がありますので、詳しくは以下記事を参考にしてください。
Q
戸建て火災保険の平均相場はどのくらい?
A
地域や築年数によって異なるため明確な相場は存在しませんが、A社の見積例を見てみると約65,000円前後(1年)で加入できます。

条件 東京都、新築(令和5年11月)、100㎡、H構造、建物保険金額2,500万円、家財保険金額500万円
補償 火災、風災、水災、飛来、水漏、盗難、破損、汚損、地震保険有(保険金額500万円)
特約 個人賠償責任特約1,000万円、類焼損害特約
割引 建築年割引、築年数別割引
保険料 28,840円(1年)
Q
戸建ての場合、火災保険のおすすめ会社は?
A
お客様のニーズによっておすすめの保険会社は異なるため、一概におすすめの保険会社をお伝えするのは難しいです。お客様のニーズや居住地域のリスク等を総合的に判断し、最適な保険に加入するには、みんかぶ保険の一括見積サービスをご利用ください。
Q
火災保険で重要な補償内容とは何ですか?
A
例えば、川が近くにあり水災のリスクが高い場合、水災の補償有無は非常に重要になります。このように各補償の重要度は戸建ての地域や状況によって異なるため、ハザードマップの確認や、保険会社・保険代理店へ確認する必要があります。
Q
共済と火災保険の違いは何ですか?
A
火災保険が広く一般大衆に対して「公平原則」に基づき販売されているのに対して、共済は特定の集まり=組合員の中で「平等原則」に基づいて最低限の補償確保を目的に販売されています。
Q
火災保険の長期契約と短期契約のメリット・デメリットは?
A
長期契約のメリットは複数年契約することで保険料の割引がある点、デメリットは複数年同じ条件で続ける必要がある点です。短期契約は、柔軟に契約を見直せる点がメリットです。また、最長契約期間は5年が限度となっています。
Q
火災保険の不払い事例とその理由は?
A
不払い事例には、契約時の虚偽申告、過失または故意による行為、契約外の事故などがあります。契約内容を正確に理解し、正直な申告をすることが重要です。
Q
戸建ての火災保険に加入する際の注意点は?
A
注意点として、保険料と補償内容のバランスが適正かどうか確認する必要があります。高い保険料にすると保険を続けることが難しくなり、補償内容を少なくすると、保険料は安くなりますが補償できる範囲が狭くなってしまいます。
Q
新築戸建てと古い戸建てで火災保険の相場に違いはありますか?
A
はい、相場に違いがあります。新築戸建ての方が保険料が低く設定される傾向にあります。これは、新築の方が耐火性や安全性が高いと見なされるためです。古い戸建ては老朽化によるリスクが高いと判断され、保険料が高くなることがあります。
Q
火災保険で被害を受けた場合の手続きはどうすればいいですか?
A
火災被害を受けた場合、まずは安全を確保し、直ちに保険会社に連絡を取ります。保険会社は被害状況の確認と手続きの指示を行います。被害の証拠となる写真の撮影、被害報告書の提出などが必要になることが多いです。事前に事故受付の電話番号を把握しておくと安心でしょう。
Q
戸建ての火災保険で特に気を付けるべきポイントは何ですか?
A
補償が既存の保険と重複していないか気を付ける必要があります。例えば、個人賠償責任補償等の特約は自動車保険や傷害保険で既に持っているというケースもあるので、加入する際は自身の持っている保険で加入しているかどうかの確認も必要となります。
Q
火災保険の見積もりやシミュレーションはどこでできますか?
A
各保険会社のサイト等でシミュレーションは可能ですが、正確な見積もりを確認するためには各社のページでそれぞれ見積もりの作成依頼をする必要があります。みんかぶ保険では、火災保険の一括見積もり機能を用意しているため、面倒な手間を抑えて、適切な火災保険を効率的に見つけることができます。

Q
築年数が古い戸建ての場合、火災保険の相場はどう変わりますか?
A
築年数が古い戸建ての場合、火災やその他のリスクが高くなるため、保険料は一般的に高く設定されます。ただし、耐震改修等を行った場合は保険料が下がることもあります。
Q
火災保険の更新時に注意するべきポイントはありますか?
A
更新時には、現在の生活状況やリスクに合わせて補償内容を見直すことが重要です。また、市場の新しい保険商品や料金を比較検討することで、より適切な保険に更新することができます。

Q
火災保険でカバーされない事例はどのようなものがありますか?
A
一般的に故意による損害、戦争やテロによる損害、自然の経年劣化による損害はカバーされません。契約内容によっては、特定の自然災害や事故が除外されることもあります。
Q
戸建ての場合、火災保険以外に考慮すべき保険はありますか?
A
地震保険や個人賠償責任保険も検討することをお勧めします。地震保険は、火災保険ではカバーされない地震や津波による損害を補償します。個人賠償責任保険は、第三者に対する事故や損害に備えることができます。

  • 当サイトでは、すべての損害保険会社の商品を掲載しているものではございません。保険代理店フィナンシャル・エージェンシーが取扱可能な保険商品を掲載しております。
  • 当サイトの火災保険商品一覧に記載されている内容は、個人用の火災保険となります。
  • 当サイトの火災保険商品一覧は、保険商品の内容が全て記載されているものではなく、あくまで比較をしていただく上での参考情報としてご覧ください。
  • 火災保険商品一覧に記載されている内容は、条件等により適用されない場合があります。保険商品の内容については、必ず各保険会社が提供する契約概要やパンフレット、また保険代理店からの案内にてご確認をして頂きますようお願い致します。
みんかぶの一括見積もりとは
みんかぶ
保険担当者
保険料を安く抑えたいけど、複数の保険会社に自分で見積もり依頼するのが面倒。この補償を外すとどんな時に困るのか教えてほしい。そんな方におすすめのサービスです。
Point 1
1人の担当者がまとめて見積もり

当サイトの一括見積もりは、保険代理店の担当者がご希望の予算や補償内容をもとに複数社の見積もりを行います。見積もりの段階では保険会社に個人情報が送信されないので、保険会社から営業メールやDMが来ることはありません。

Point 2
メール、または電話で何度でも質問・相談できる

見積もりを受け取ったあとでも、補償内容について質問したり、条件を変えて何度も再見積もりすることができます。
担当者はファイナンシャルプランナーの資格を持ったプロなので安心です。また、法人名義や複数まとめての契約も相談できます。

Point 3
契約手続きまで完全サポート

加入に必要な書類の準備やすでに加入している保険との切替時期の相談など、契約手続きも手厚くサポートを受けられます。さらに、契約したあとに証券を無くしたときや保険金を請求するときもサポートを受けられます。

general
 
保険会社一覧

損害保険
SJ23-10008(2024/02/19), 23TC-008923, B24-100075 承認年月:2024年4月, B24-200179(あいおいニッセイ同和損保 東京北支店新宿支社 東京都渋谷区代々木3-25-3 あいおいニッセイ同和損保新宿ビル17F TEL:050-3460-1265), C24-04-060