自動車保険

自動車保険の等級とは?保険料や割引率との関係をわかりやすく解説

著者:みんかぶ編集室

自動車保険を選ぶ際に欠かせない知識のひとつ「等級(ノンフリート等級制度)」

一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、等級について詳しくは知らない、保険料とどのような関係があるのか分からないという方も多いはず。

結論からいうと等級は自動車保険料を大きく左右する「重要な要素」です。この記事では自動車保険の等級についての基本知識から保険料との関係までわかりやすく解説します。

記事の最後に自動車保険を上手に選ぶ方法も紹介しているので参考にしていただければ幸いです。

自動車保険の等級(ノンフリート等級制度)とは?

自動車保険の等級

自動車保険の等級とは「保険料の割引・割増率を決めるための区分」のことで、正式にはノンフリート等級別料率制度といいます。

ここでは、個人(契約台数が9台以下)が加入する自動車保険の保険料を決める大きな要因=等級という理解ができていれば問題ありません。

ノンフリート等級制度が設けられている理由は、「保険料の公平性」を担保するためです。

明確な区分を設けて、平等に自動車保険料を定めるために等級が存在しているのですね。

自動車保険の等級は20段階

自動車保険の等級は「20段階※」に分けられています。

初めて自動車保険に加入する場合は「6等級」に区分されるので覚えておきましょう。等級ごとの具体的な割引増率は以下の表を目安として確認してみてください。

※一部の共済では22等級まで定められています。

例:楽天損保 ドライブアシスト くるまの保険の場合

楽天保険

楽天損保:等級別料率制度(無事故による割引)(https://www.rakuten-sonpo.co.jp/family/tabid/1103/Default.aspx)

自動車保険等級表の見方

等級表で抑えておきたいポイントは「無事故」か「事故有」かによって割引率が変化する点。

ただ、「無事故って加入している期間ずっと無事故でないといけないの?それとも一定期間において事故がなければ無事故になる?」と疑問に思いますよね。

無事故と事故有の判断基準として、自動車保険では「事故有係数」と「無事故係数」という判定基準が設けられています。

無事故係数と事故有係数とは?

無事故係数と事故有係数

まず簡単な無事故係数について説明します。無事故係数とは「無事故の際に採用される係数のこと」です。

補足:係数とは「任意の数値にかける一定の数」のことです。

少々複雑なのが事故有係数。事故有係数とは「仮に事故を起こしてしまった場合に◯年間採用される係数」を指します。

等級表を%ではなく「1」を基準とした数値に戻したものが係数です。

係数の表

損害保険料率算出機構:自動車保険参考純率(https://www.giroj.or.jp/ratemaking/automobile/)

そして、◯年間にあたる部分は、「事故有係数適用期間」と呼ばれています。詳しい事故有係数のルールは以下の通り。

事故有係数の基本ルール

  • 事故有係数適用期間は「0年〜最大6年」
  • 0年の場合は無事故係数が適用される
  • 事故有係数適用期間は「1等級ダウン事故、3等級ダウン事故」を起こした際に加算される。
  • 1等級ダウン事故では「1年」、3等級ダウン事故では「3年」の事故有係数が加算される

ここで聞きなれない「1等級ダウン事故」「3等級ダウン事故」という言葉が出てきましたね。

この2単語については次章で詳説するので、まずは「事故有係数はこういうものなのか」という理解ができていればOKです。

1等級ダウン事故・3等級ダウン事故・ノーカウント事故とは?

前述の「事故有係数期間」を決めるのが以下3種の事故です。

  • ノーカウント事故
  • 1等級ダウン事故
  • 3等級ダウン事故

それぞれどんな事故内容なのか簡単に説明します。

ノーカウント事故

ノーカウント事故

ノーカウント事故は等級に影響のない事故のこと。どんな事故が該当するかは自動車保険によって異なりますが以下の条件を設けている場合が多いです。

  • 人身傷害保険
  • 搭乗者傷害特約(傷害一時金、死亡・後遺障害)
  • ファミリーバイク特約
  • 弁護士特約
  • 個人賠償特約
  • など

上記の特約のみを使い、その他の保険金支払いが発生していない事故。

1等級ダウン事故

一等級ダウン事故

1等級ダウン事故はその名のとおり「等級が1下がる(事故有係数適用期間が1年加算される)」事故のこと。

  • 盗難
  • 落書き・飛び石による窓ガラス破損・いたずら
  • 飛来中または落下中の他物との衝突
  • 台風・竜巻・洪水・高潮
  • など

契約者の故意ではなく、外部要因によって自動車保険の保険金支払いが発生してしまった場合は1等級ダウン事故として判定されることが多いです。

3等級ダウン事故

3等級ダウン事故

3等級ダウン事故は「等級が3下がる(事故有係数適用期間が3年加算される)」事故のこと。

自分の過失で「他人を死傷させた」「他人の所有物を壊した」「自損事故を起こした」場合には、3等級ダウン事故として判定されることがほとんどです。

当て逃げされてしまった場合にも3等級ダウン事故として扱われる可能性が高いため、その点は注意が必要。

また、3等級もダウンしてしまうと元の等級に戻るまで「4年」もかかってしまうため要注意。

等級が上がる/下がるのはどんなとき?

ここまでで、なんとなく等級がどのように保険料に関係していて、等級がどのように変化するのか理解できていると思います。

しかし、まだぼんやりとした理解の方もいると思うので「具体的にどんなケースだと等級が上がったり下がったりするのか」をここで解説します。

等級が上がるケース

等級が上がる条件はシンプルで無事故(ノーカウント事故を含む)で保険金支払いがなければ、翌年から1等級あがることになります。

等級が上がれば上がるほど自動車保険料を抑えられるため、安全運転を心がけたいですね。

等級が下がるケース

等級が下がるケースは以下の2パターン。

1等級ダウン事故
  • 火災・爆発
  • 盗難
  • 落書き・飛び石による窓ガラス破損・いたずら
  •  飛来中または落下中の他物との衝突
  • 台風・竜巻・洪水・高潮

などにより保険金支払いが発生。

3等級ダウン事故
  • 他人の車との衝突事故
  • 当て逃げ被害
  • 運転中、電柱に車をぶつけた
  • 自分の車で他人にケガをさせた
  • 自分の車で他人の車を壊した

などにより保険金支払いが発生。

つまり、損害保険会社から「保険金」の支払いが発生した場合には、等級が下がるということです。

等級によって保険料はどれくらい差がでる?

等級表の%や係数で言われてもいまいち「どれくらい保険料が変わるのか」イメージがつきづらいと思うので、簡単なシミュレーション結果で確認してみましょう。

条件

  • 等級は10等級(無事故)
  • 年間保険料は5万円

 

【無事故のまま翌年契約を継続した場合】

11等級にあがり割引率※が「45%→47%」になるため、年間保険料は「48,181円(-1,819円)になります。

 

【1等級ダウン事故を起こしてしまった場合】

翌年から9等級にダウンしてしまうため、割引率は22%(-23%)、年間保険料は「70,909円(+20,909円)になってしまいます。

 

【3等級ダウン事故を起こしてしまった場合】

翌年から7等級にダウンしてしまうため、割引率は20%(-25%)、年間保険料は「72,727円(+22,727円)になってしまいます。

上記シミュレーションの通り、等級は保険料に大きく影響を与えます。特に事故を起こしてしまい「保険金支払い」が発生してしまうと、翌年からの負担額が大幅に増えてしまうので注意しましょう。

※割引率は参考値です。

自動車保険の等級の調べ方

肝心な自分の等級の確認方法ですが、主に2通りの確認方法があります。

  1. 自動車保険証券を確認する
  2. 加入している損害保険会社のマイページから「デジタル保険証券」を確認する

1.の自動車保険証券の場合は「割引・割増」の欄を見れば自分の等級がわかります。

自動車保険証券のサンプル

自動車保険料を安くするために知っておきたい等級の知識

最後に、自動車保険料を安くするために知っておきたい等級の知識を皆さんにお伝えします。

知っておくと「お得」な等級の知識は以下の4項目。

  1. 等級は引き継ぎが可能
  2. 2台目以降の契約は「7等級」から可能
  3. 2台持ちの場合は「セカンドカー割引」の利用を!
  4. その他割引が使える損保もあるので要チェック!

それぞれのポイントを簡単に説明します。

等級は引き継ぎが可能

等級は、自分に対してだけでなく「同居親族」にも引き継ぐことができます。

とくに免許を新しく取得した、新しく車を買った方が初めて自動車保険に加入する場合、同居親族の等級を引き継ぐことで「保険料を安く」済ませられる可能性が高まります。

2台目以降の契約は「7等級」から可能(セカンドカー割引)

セカンドカー割引

新規契約の場合は「6等級から」と説明しましたが、2台目の契約時には「7等級」から始められる「セカンドカー割引」があります。

複数車を所有していて、自動車保険に加入する際はセカンドカー割引を活用しましょう。

その他割引が使える損保もあるので要チェック!

損害保険会社によっては、さまざまな割引制度を用意しているところもあります。

例えば「楽天損保 くるまの保険 ドライブアシスト」では、以下のような割引制度が用意されています。

  • インターネット割引
  • ゴールド免許割引
  • 運転者本人・配偶者限定割引(特約)
  • 運転者本人限定割引(特約)
  • 自動ブレーキ割引
  • 新車割引

ちょっとした工夫で割引特典が受けられる可能性があるので、自動車保険を選ぶ際は「使える割引がないか」を漏れなくチェックしてみましょう。

自動車保険の見直し・乗り換えは「一括見積もり」がおすすめ

今回は、自動車保険における「等級」について解説しました。ただ、等級の割引率や補償内容を一社一社比較するのは非常に手間がかかる作業です。

自動車保険を選び直すのが面倒だからという理由で、今の保険を継続している方もいると思います。

そこでおすすめしたいのが「一括見積の活用」です。みんかぶ保険では自動車保険の一括見積機能を提供しています。

面倒なメールや電話での勧誘もないため気軽に利用いただけますよ。

この記事に関連するタグ

みんかぶ編集室

資産形成メディア「みんかぶ」を中心に、金融商品の記事の執筆を行っています。資産運用のトレンド情報や、初心者が楽しく学べるお金の基本コラムなど、資産形成をするすべての人に向けた記事を提供します。

あなたにぴったりな保険を
みんかぶ保険で一括見積もり

みんかぶ保険なら、契約手続きまで手厚くサポート。見積もりを受け取ったあとでも、補償内容について質問したり、条件を変えて何度も再見積もりすることができます。

※見積もりの段階では保険会社に個人情報が送信されないので、保険会社から営業メールやDMが来ることはありません。

\ 保険料を安く抑えるなら /

自動車保険の比較表・ランキングはこちら