zidosya_icon 自動車保険を比較・見積もり

更新日:2023年01月01日
\ 保険料を安く抑えるなら /

自動車保険の選び方とポイント

こうした悩みを解決するため、みんかぶ保険が自動車保険7商品を徹底調査し【自動車保険人気ランキング】を作成しました。

初めて自動車保険を選ぶ人向けに【自動車保険の選び方】も解説しているため、事前知識がなくても自分に合った自動車保険を見つけることができますよ。自分で1から選ぶ自信がない、専門家の意見も聞いてみたいという方は一括見積もり機能が便利です。

\ 保険料を安く抑えるなら /
代理店型
当サイトで複数の保険を一括見積もり
補償内容を比較・相談しながら決めたい方は一括見積がオススメ!

みんかぶ
保険担当者

ファイナンシャルプランナーの資格を有する保険のプロであるフィナンシャル・エージェンシーが、お客様に最適な補償プランをご案内!
ご契約・ご契約後のアフターフォローも無料で完全サポートいたします。

ダイレクト型
ネットで見積もり・申込みが完結
ご自身で補償プランを立てられる方はネット契約がオススメ!

公式ページで見積もり・申込み

自動車保険比較表

人気ランキング

保険会社名

楽天損保 損保ジャパン あいおいニッセイ同和損保 東京海上日動 三井住友海上 チューリッヒ保険会社 SBI損保

保険商品名

お見積もり

ドライブレコーダー貸与

cross triangle1 triangle1 triangle1 triangle1 cross cross

車両保険
地震特約

cross triangle1 triangle1 triangle1 triangle1 triangle1 cross

弁護士費用
補償特約

triangle1 triangle1 triangle1 triangle1 triangle1 triangle1 triangle1

インターネット
割引

radio-unchecked cross cross cross cross radio-unchecked radio-unchecked

2年以上
長期契約

cross radio-unchecked radio-unchecked radio-unchecked radio-unchecked cross cross
radio-unchecked radio-unchecked radio-unchecked cross radio-unchecked radio-unchecked radio-unchecked
○:自動付帯 △:取扱あり(オプション) ×:取扱なし
\ 保険料を安く抑えるなら /

自動車保険を選ぶ

自動車保険の選び方
みんかぶ
保険担当者
無駄なく安心の保険を選ぶために、3つのポイントを確認することをオススメします。
1 代理店型かダイレクト型か

一般的に代理店型は、契約時のサポートが手厚いです。一方、ダイレクト型保険は見積もり・契約などすべて自分で行いますが、保険料はその分安く設定されています。

2 補償内容に過不足はないか

他の損害保険で加入している補償と重複している部分を省くことで保険料の削減ができます。

3 保険料の安さ

ゴールド免許、運転する方を限定する、など各種割引が適用されるケースがございます。”無駄のない保険料に設計する為に”まずは一括見積もりをしてみましょう。

\ 保険料を安く抑えるなら /

自動車保険ランキングから選ぶ

過去半年(2022年6月〜2022年11月)の期間内で、契約件数の多い保険商品をランキング掲載しております。契約件数は、当サイトを運営する募集代理店フィナンシャル・エージェンシーで契約された保険商品のご成約件数を集計しています。

ダイレクト型自動車保険のため 見積もり・申込みは公式WEBページから

どんな保険?おすすめポイントを解説

『ドライブアシスト』は、保険料のお支払いで楽天ポイントが貯まる自動車保険です。さらに貯まったポイントを使って保険料のお支払いもできるため、楽天ユーザーの方は必見です!(※1 ※2 ※3) また、インターネットからご契約いただくと保険料が25%OFF(※4)になり大変リーズナブル! さらに、保険料は走った分だけ!前年走行距離区分から、あなたに合った保険料を実現!
※1 ポイント進呈には一定の条件があります。ポイントに関するルールと規約は、楽天損保ホームページを参照ください。
※2 保険加入に伴うポイントの進呈は、楽天エコシステムによる募集経費の削減効果等を楽天会員に還元する制度です。
※3 楽天グループのポイントキャンペーン(SPU等)とは異なるプログラムです。
※4 お申込みにあたっては楽天IDによるログインを必須とし、保険料のお支払方法は、クレジットカード払のみとなります。
シニア・ライフ・コンサルタント 古川 雅章
補償内容・サービス
車両 保険
ロード サービス
故障時 対応
クレカ 払OK
24時間 365日※

※事故受付24時間365日

保険料・割引サービス
ネット 割引
ゴールド 免許
走行 距離別
無事故 割引
35歳 以上

どんな保険?おすすめポイントを解説

『THE クルマの保険』なら、万が一加害者になってしまった時でも弁護士費用特約(日常生活・自動車事故型)がセットされていれば安心です!いくら安全運転を心がけていても避けられない事故もあり、いつ加害者になるかわからないのも怖いところですので、運転される方皆さまにもご安心頂けます!
シニア・ライフ・コンサルタント 古川 雅章
補償内容・サービス
車両 保険
ロード サービス
故障時 対応
クレカ 払OK
24時間 365日※

※事故受付24時間365日

保険料・割引サービス
ネット 割引
ゴールド 免許
走行 距離別
無事故 割引
35歳 以上

どんな保険?おすすめポイントを解説

「安全運転」にこだわった保険会社! 【タフ・見守るクルマの保険プラス(ドラレコ型)】で普段の運転を診断し、スコア化してくれることに加え、具体的な運転の要注意ポイントも教えくれて、まさに「安全運転サポート」をしてくれます! さらに「安全運転」スコアに応じて、保険料に”運転特性割引”が適用されてるのがさらに嬉しいポイント! なによりも事故を起こさないことが一番ですので、事故を未然に防ぐ「安全運転」に力を入れているのは非常に大事なポイントです。
シニア・ライフ・コンサルタント 古川 雅章
補償内容・サービス
車両 保険
ロード サービス
故障時 対応
クレカ 払OK
24時間 365日※

※事故受付・示談等事故対応24時間365日

保険料・割引サービス
ネット 割引
ゴールド 免許
走行 距離別
無事故 割引
35歳 以上
\ 保険料を安く抑えるなら /
みんかぶの一括見積もりとは
みんかぶ
保険担当者
保険料を安く抑えたいけど、複数の保険会社に自分で見積もり依頼するのが面倒。この補償を外すとどんな時に困るのか教えてほしい。そんな方におすすめのサービスです。
Point 1
1人の担当者がまとめて見積もり

当サイトの一括見積もりは、保険代理店の担当者がご希望の予算や補償内容をもとに複数社の見積もりを行います。見積もりの段階では保険会社に個人情報が送信されないので、保険会社から営業メールやDMが来ることはありません。

Point 2
メール、または電話で何度でも質問・相談できる

見積もりを受け取ったあとでも、補償内容について質問したり、条件を変えて何度も再見積もりすることができます。
担当者はファイナンシャルプランナーの資格を持ったプロなので安心です。また、法人名義や複数まとめての契約も相談できます。

Point 3
契約手続きまで完全サポート

加入に必要な書類の準備やすでに加入している保険との切替時期の相談など、契約手続きも手厚くサポートを受けられます。さらに、契約したあとに証券を無くしたときや保険金を請求するときもサポートを受けられます。

\ 保険料を安く抑えるなら /
監修者
古川 雅章

2級ファイナンシャル・プランニング技能士 / シニア・ライフ・コンサルタント

生損保の営業を経て、現在はマーケティング職に従事。 営業経験や豊富な知識を活かし、お金にまつわるお役立ち情報やTipsを わかりやすく解説できるよう努めて参ります。

自動車保険を学ぶ 保険に関する基礎知識

自動車保険とは

自動車保険とは、主に車の運転中に起こりうる交通事故等により発生する、経済的損失等を保険会社が補償する保険です。

自動車保険には、大きく分けて2種類の保険があります。

まずは”強制保険”と言われる、「自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)」。こちらは自動車の所有者は加入が義務となっておりますが、補償は相手側への対人賠償補償のみで、かつ補償額も相手側の死亡時に最高3,000万円と、補償額も範囲も充分とは言えません。その為、補償金額の上乗せや自分側への補償の追加分として、対人賠償・対物賠償・人身傷害・車両保険等を備えられる「任意保険」に加入することが一般的となっています。

また、全国の自家乗用車保有台数に対する、各補償毎の任意保険加入率は下記の通りです。

対人・対物賠償 人身傷害 車両保険
約81% 約79% 約58%

損害保険料率算出機構 自動車保険の概況 2020年度版より

等級とは

自動車保険には等級制度(=ノンフリート等級)があり、自動車保険の加入者の内、事故を起こすリスクが低い条件・高い条件それぞれの保険料を平等に計算する為の指標です。新たに自動車保険に加入する際には原則6(S)等級から始まり、保険を使わなければ(=無事故認定)1年に1等級ずつランクアップしていきます。最大等級は20等級で、等級が上がるほど保険料が下がります

事故の過失がない場合等の一定の条件を満たした場合は、保険を請求してもノーカウント事故と認定され、等級が下がらない”無過失事故の特則”が自動的についているのがほとんどですが、保険会社によってはついていない場合もある為、注意が必要です。

自動車保険の必要性

令和3年では日本全国で1年間の内約30万件の交通事故が起こっており、その内の約116件に1件の割合で死亡者が出ています(※1)。しかし、自動車事故発生件数は、ここ20年間で減少傾向にあり、統計を取り始めたピーク時の平成13年の約95万件に比べて、約3割まで減少しています。

交通事故を起こした場合は過失割合にもよりますが、相手方への損害賠償・運転者自身を含めた搭乗者の怪我の治療費や経済的損失・車の修理費用等々、突発的に多大な出費が発生することがあります

過去に、41歳の医師が死亡した事例では、損害賠償請求金額が5億円以上となったケースや、20代男性が後遺障害を負ってしまったケースでも、4億円近い賠償請求金額が認められたケースも複数件あり(※2)、任意保険に加入せず運転することは、今後の人生に多大な影響をもたらす危険性をはらんでいることが伺えます。

一方で車の安全性能が年々向上しており、交通事故発生件数は上述通り減少してきている為、最近の自動車保険は事故時以外でも、車の故障時でもロードサービスが利用可能、スマートフォンのアプリを使った様々な特典やサービス、また事故を起こさないようリアルタイムで注意喚起をしてくれるサービス等を提供している保険会社も増えてきています。

保険本来の”事故時の為の備え”という意義に、”快適なカーライフを送る為のサービス”を付加している保険会社も最近では多く見受けられます。

生活ありきの保険ではありますが、家計に負担がなるべくかからない範囲で自動車保険に入ることは広い意味で必要といえるでしょう。以下、当ページで説明する「自動車保険」は「任意保険」の意味合いでご説明しております。

※1 警察庁HP 年報【交通事故死者数について】令和3年報告より

※2 損害保険料率算出機構 自動車保険の概況_2020年度(2019年度統計)より

自動車保険の主な補償

自動車保険には大きく分けて4つの基本補償があります。

(対人・対物)賠償責任補償

対人賠償責任補償とは、運転中に交通事故で歩行者や相手側の車に搭乗者していた方にけがを負わせてしまったり、万が一死亡させてしまった等のリスクに備える補償です。自賠責保険で相手が死亡時に最高3,000万円まで補償されますが、最近では実際の賠償額が数億円規模での請求が認定されることもあり、補償額は無制限でご準備されることが望ましいです。

(表1:任意保険加入自家乗用車対人対物保険金額無制限の割合)

表1 賠償補償種類
対人 対物
無制限 99.9% 98.8%
無制限未満 0.1% 1.2%
合計 100% 100%

損害保険料率算出機構 自動車保険の概況_2020年度(2019年度統計)より

対物賠償責任補償とは、同じく運転中に、他人の家や所有物(車・お店・トラックの積み荷等)を壊したり、損害を与えた場合などの法律上の賠償請求を被ったときのリスクに備える補償です。こちらも過去に1億円以上の賠償請求が認定されたケースがあり、保険金額無制限の補償がお勧めです。

しかし、賠償額で認定される金額は「時価額(=壊してしまった物のその時の価値)」が上限となる為、時価額以上に修理費用等を請求された場合には、自己負担分が発生してしまう可能性があります。そこで、保険会社によっては”対物超過修理費用特約”という特約で、時価額以上の請求を一定額まで追加で補償することができる特約がある為、万が一のケースを想定し、こういった特約もご準備されることをお勧めしております。

※保険会社により名称が異なる場合があります。詳しくは保険代理店や各保険会社が提供する契約概要やパンフレットでご確認ください。

人身傷害補償(搭乗者傷害補償)

人身傷害補償(搭乗者傷害補償)とは、運転中の交通事故の際に、運転者を含む、保険の対象車に搭乗していた方がけがを負ってしまったり、万が一死亡してしまった等のリスクに備える補償です。補償の対象となる部分は、主にけがの治療にかかった”治療費”をはじめ、”休業補償”、”精神的損害”、”葬儀費用”等です。

また、人身傷害補償と搭乗者傷害補償の違いは、下記の通りです。

人身傷害補償 搭乗者傷害補償
保険金額を上限とする、実際の損害部分に対する実費補償 実際の損害部分に関係のなく、あらかじめ決められた定額補償

基本的に、人身傷害補償で実損分が補償される為、上限額以下であれば自己負担は発生しませんが、両方の補償をご準備することで搭乗者傷害分を”+α”として受け取ることができる為、保険料にご無理がなければ両方ご準備されるとよりご安心いただけます。

また、人身傷害補償には「搭乗中のみ」と記載されているものとされてないものがあります。

主に「搭乗中のみ」と記載がある補償は、「保険対象の車に搭乗中の場合のみ補償するもの」であり、記載がない補償は、「家族の日常生活に起こる交通事故(歩行時や公共交通乗用具に搭乗時の交通事故など)」も補償ができ、どちらかを選ぶことができます。

保険会社によっては記載の仕方が異なる場合があり、「搭乗中のみ」と記載がなくても搭乗中のみの補償というケースがある為、不明な場合は代理店の案内担当者等に聞いてみることをお勧めします。

車両保険

車両保険は、保険対象の車が、事故やいたずら、災害等で修理・修繕が必要になった場合に補償される保険です

基本的には修理・修繕に実際にかかった費用が補償されますが、車が盗難にあってしまったり、破損具合が”全損”扱いとされる場合には、保険金額全額が補償されます

免責とは

また、車両保険には必ず「免責金額」を設定します(「なし」も選択可)。免責金額とは、保険金請求時における、お客様の「自己負担金額」を指します。例えば、補償対象金額が100万円、免責金額が5万円の場合、保険会社から貰えるお金は95万円となります。

保険会社によって、免責の設定可能額は異なりますが、一般的に免責金額が高いほど保険料は下がり、免責金額が安いほど保険料は上がります。

タイプ別

また、車両保険には通常”一般タイプ”と”限定(エコノミー)タイプ”の2種類があり、一般タイプは補償の範囲が広く、限定タイプは名の通り補償範囲が限定されているタイプとなります。限定される範囲は保険会社により異なりますが、”単独事故”や”当逃げ事故”などが排除されるケースがあります。

任意自動車保険は基本的に、使用することで等級が下がる為(通常3等級ダウン、軽度1等級ダウン、ノーカウント等級ダウンなし)、大きな損害額でない場合は車両保険を使用せず、無理のない負担であれば、等級を下げない為に自己負担で直すという選択肢もでてきます

保険料も、”一般タイプ”よりも”限定タイプ”の方が抑えられますが、事故率の高い免許取り立ての方が運転される場合や、少しでもご不安な方は保険料にご無理がなければ、補償範囲の広い”一般タイプ”の方がご安心いただけます

また、次回更新時に申し出をすることでプランの変更が可能な為、1年間は”一般タイプ”で更新時に変更ということも可能です。

地震は対象外

車両保険は、台風や大雨、竜巻などで車が破損した場合には補償対象となりますが、地震・噴火それらによる津波は対象外となります

その為、保険会社によっては車両保険に”地震特約”が付加できるところもある為、「車が地震・噴火(それらによる津波も含む)で破損したときにも補償して欲しい」という方は、特約を付加されることをお勧めします。

車両保険の必要性

車両保険は、修理が必要になった場合や、全損時、また盗難に遭ってしまった場合に、補償金額内で請求することができます。

その為、新車で購入した車や、修理費用が高い車(部品の取寄せが必要な場合など)等にお乗りの方や、運転免許を取立ての方が運転する可能性がある場合には、車両保険にもお入りされることをお勧めします。

※補償・特約の名称は、保険会社により異なる場合があります。詳しくは保険代理店や各保険会社が提供する契約概要・重要事項等説明書やパンフレット、または代理店オペレーターへご確認ください。

\ 保険料を安く抑えるなら /

自動車保険選びで失敗しないために

自動車保険に加入するのは決して安い買い物ではありません。年間で数万円。10年加入すれば数十万円になることもあります。
だからこそ、自動車保険選びで失敗は避けたいところ。では、どのように自動車保険を選べば失敗を避けられるのでしょうか。
おすすめは「自動車保険選びのポイントを確認する」→「有識者(専門家)の意見を確認する」→「実際のユーザーからの評判を確認する」という方法です。

みんかぶ
保険担当者
この記事では、上記方法を踏まえたページ構成になっているため「自分に合った自動車保険」を見つけられますよ。

まずは、自動車保険を選ぶ際のポイントを確認してみましょう。

自動車保険 人気ランキングはこちら

自動車保険の選び方

自動車保険選びは【7ステップ】で完了します。特に「補償内容」と「特約」は保険料にも直結する重要項目です。

ダイレクト型か代理店型か決める

自動車保険には、実店舗に行って販売員と相談しながら契約する「代理店型」と、自分で補償内容などをカスタマイズしてオンラインで契約をする「ダイレクト型」の2種類があります。
それぞれのメリット・デメリットは以下の通り。

ダイレクト型 代理店型
メリット
  • 保険料が割安になる場合が多い
  • 時間や場所に左右されずに契約できる
  • 対面で相談しながら契約ができる
  • 細かい悩みや疑問もすぐ解決できる
デメリット
  • 自分で契約内容を決める手間がかかる
  • 契約手続きなどを自分でする必要がある
  • 保険料が割高になる場合が多い
  • 担当者の手腕によって希望通りの保険が見つかるかどうか変わってしまう

上記のメリット・デメリットを考慮すると、ダイレクト型・代理店型がおすすめな人は以下のように分類できます。

ダイレクト型自動車保険がおすすめの人

  • 保険料をなるべく安く抑えたい人
  • 自分の好きなタイミングで自動車保険選び、契約をしたい人
  • 補償内容や特約を自分好みにカスタマイズしたい人

代理店型自動車保険がおすすめの人

  • 商品選びから契約までの手間をできるだけ省きたい人
  • 補償内容や特約を自分で調べるのが面倒に感じる人

みんかぶ
保険担当者
補償内容・特約を調べるのは億劫だけど、保険料は安く抑えたい…という方は一括見積もり機能を使う方法もあります。みんかぶ保険の一括見積もりは面倒なセールスなどもなく、希望の時間帯に「専門家」と相談しながら自動車保険を選ぶことができます。

自動車保険の補償の種類・内容を理解する

続いては、具体的な自動車保険の「補償内容」を把握していきましょう。
自動車保険の主な補償は以下7つです。

みんかぶ
保険担当者
ここでは、「何に対する補償なのか」を把握しておけば問題ないので気負いせず読み進めてもらえればOKです。
  • 自賠責保険(加入必須)

    相手方を死傷させてしまった場合に保険金が支払われる。
    死亡事故:3,000万円
    傷害事故:120万円

  • 対人賠償保険

    車の運転中、相手にケガをさせたり、死亡させてしまった場合、相手への「賠償金」をカバーできる保険。
    被害の対象:人(限度額無制限がおすすめ)

  • 対物賠償保険

    相手の「物(車、家の塀、ガードレールなど)」への損害を与えてしまった際に、保険金で賠償金額のカバーができる保険。
    被害の対象:物(限度額無制限がおすすめ。)

  • 人身傷害補償保険

    契約車に搭乗している人だけでなく、契約車以外に乗車しているときや、歩行中の事故もカバーできる保険。
    被害の対象:人

  • 搭乗者傷害保険

    契約車に搭乗している人(運転者も含む)が死傷した場合に保険金を受け取ることができる保険。
    被害の対象:人

  • 自損事故保険

    単独事故による被害を補償する保険。運転者搭乗者が死傷した場合に保険金を受け取ることができる。
    被害の対象:人

  • 無保険車傷害保険

    事故の相手方が自動車保険に入っていない、補償金が十分に支払われないといった場合に、保険金を受け取ることができる保険。
    ただし補償されるのは死亡時後遺症が残った場合のみ。
    被害の対象:人

  • 車両保険

    契約車両が受けた被害に対して保険金が受け取れる保険。
    被害の対象:物

まず以下の補償は、自動車保険に加入するなら「必須」で付保しておくべき補償です。

  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険
  • 人身傷害補償保険
  • 無保険車傷害保険
みんかぶ
保険担当者
必須の理由は、事故を起こしてしまい「高額の賠償金の支払い」が発生してしまうと「大損失」になってしまい生活が立ち行かなくなる可能性があるからです。

その他以下の補償に関しては「保険料と相談しつつ」決めるのがおすすめ。

  • 搭乗者傷害保険
  • 自損事故保険
  • 車両保険

自動車保険の特約の種類・内容を理解する

続いて、主要な特約を表で確認していきましょう。

みんかぶ
保険担当者
特約と聞くと「保険料が高くなる」というイメージを持つ方が多いですが、中には付保することで「保険料が安く抑えられる特約」もあるので要チェックです。
  • 弁護士費用特約

    示談交渉や損害賠償請求時に発生する可能性のある「弁護士費用、相談費用」をカバーできる特約。

  • 他社運転特約

    契約車以外を運転している際の事故に対する補償が受けられる特約。

  • ファミリーバイク特約

    125cc以下の原付バイクを運転中、事故に遭った、起こしてしまった場合の損害額の補償が受けられる特約。

  • 対物差額修理費用補助特約

    対物賠償保険で補いきれない修理費用(相手方の車)が発生した場合に補償が受けられる特約。

  • 個人賠償責任特約

    運転中以外の日常トラブルにおいて他人にケガをさせたり、物損をしてしまった場合に補償が受けられる保険。

  • 運転者限定特約

    運転者を限定することで保険料を抑えられる特約。

  • 運転者年齢条件特約

    運転者の「年齢」を限定することで保険料を抑えられる特約。

黄色い線が引いてある特約は可能であれば付保しておいた方がよい特約です。特に「弁護士費用」は事故を起こしてしまった場合に必要になるケースが多いため、特約で備えておくと安心です。

みんかぶ
保険担当者
また、保険料を安く抑えたい人は「運転者を限定する特約」をつけておくと保険料を安く抑えることができますよ。

関連記事:自動車保険の見直しポイント

補償・特約の中から自分が「必要」と思うものを選ぶ

主な補償内容、特約の把握ができたら以下5点を加味しつつ、必要な補償・特約を選びます。

  • 運転頻度
  • 利用シーン
  • 運転する人
  • 自分の性格
  • 余裕資金の金額(自分でカバーできる被害とそうでない被害を決める目的)

とはいえ、自分で補償内容や特約を取捨選択をするのは骨が折れる作業です。できれば「やりたくない」という人も多いはず。
「自分と似たようなステータス・考えの人はどんな内容にしているんだろう」と疑問に思うこともあると思います。
こうした「悩み」がある場合は、一括見積もり機能を使い「自動車保険の専門家」に質問するのが効率的です。

みんかぶ
保険担当者
自分が重視したいポイントや予算を伝えるだけで、条件にマッチした商品をピックアップしてくれます。ささいな疑問も相談できるので「時短」にもなりますね。

自動車保険の相見積もりをとる

必要な補償・特約が決まったら条件に合致する自動車保険の相見積もりを取って「費用感」を調べましょう。
費用感を調べることで、ほぼ同じ補償内容であっても「より割安」な自動車保険を選ぶことができます。

事故対応(ロードサービス)の評判などを確認

相見積もりした中で気になった保険商品の「事故対応」などに関する評判を調べて「本当にこの自動車保険でいいのか」の最終確認をしましょう。
一例として、みんかぶ保険の人気ランキングTOP5に入っている自動車保険の評判を紹介しておきます。気になっている自動車保険があればチェックしてみましょう。

ネット割引・乗り換え割引など「利用できる割引」がないか確認して契約

最後に「よりお得に」自動車保険へ加入するために割引特典が利用できないかチェックしましょう。
主な割引制度には以下があります。

  • インターネット割引

    インターネット経由で契約をすると受けられる割引。◯%割引など定率で設定されている場合が多い。

  • ゴールド免許割引

    ゴールド免許保有者が受けられる割引。事故を起こすリスクが低いと判断されるため。

  • 早期契約割引

    特定の期日以前に契約手続きをすると受けられる割引。契約開始日よりも◯日前に申し込むと一定額割引になることが多い。

  • エコカー割引

    電気自動車やハイブリッドカー、燃料電池自動車など環境に配慮した自動車である場合に、保険料の割引が受けられる。

  • 新車割引

    新車を購入し新たに自動車保険を契約する場合に受けられる割引。

  • セカンドカー割引

    2台目以降の自動車に初めて自動車保険を契約する場合、諸条件を満たせば6等級からでなく7等級から契約をスタートすることができるため、実質的な割引を受けられる。

みんかぶ
保険担当者
少しでも支払金額を減らして「割安(お得)」に契約をしましょう。

自動車保険の保険料を安く抑えるためのポイント5つ

できることなら「保険料は安く抑えたい」と思いますよね。実は「5つのポイント」を抑えることで保険料を安く抑えられる可能性が上がります。

  • 相見積もりをとる
  • 割引特典を使う
  • 等級の引き継ぎを行う
  • 利用を「限定」する特約を付帯する
  • 満期のタイミングで見直しを行う

それぞれのポイントについて確認して、より「お得」に自動車保険に加入してみましょう。

相見積もりをとる

自動車保険料を少しでも安くしたい場合は「相見積もり」をとるようにしましょう。相見積もりとは、同じ補償内容・特約の条件で複数の保険商品の比較をすることです。
相見積もりをすることで「自分が求める補償内容」かつ「1番割安(お得)」な自動車保険を見つけることができます。

みんかぶ保険なら、1人の担当者が複数の保険商品をまとめて見積もりします。

Point 1
1人の担当者がまとめて見積もり

当サイトで一括見積もりを申し込むと、保険代理店の担当者からメールにて見積もり結果が届きます。見積もりの段階では保険会社に個人情報が送信されないので、保険会社から営業メールやDMが来ることはありません。

Point 2
メール、または電話で何度でも質問・相談できる

見積もりを受け取ったあとでも、補償内容について質問したり、条件を変えて何度も再見積もりすることができます。
担当者はファイナンシャルプランナーの資格を持ったプロなので安心です。また、法人名義や複数まとめての契約も相談できます。

Point 3
契約手続きまで完全サポート

加入に必要な書類の準備やすでに加入している保険との切替時期の相談など、契約手続きも手厚くサポートを受けられます。さらに、契約したあとに証券を無くしたときや保険金を請求するときもサポートを受けられます。

割引特典を使う

次は各損害保険会社が用意している「割引特典」の確認をしましょう。
例えば、みんかぶ保険人気ランキング1位の楽天損保「ドライブアシスト」だと以下の割引特典が用意されています。

  • ゴールド免許割引
  • ノンフリート多数割引
  • 新車割引
  • ASV割引
  • セカンドカー割引
  • インターネット割引
みんかぶ
保険担当者
気になる自動車保険が見つかった場合は、詳細ページを確認して利用できる割引特典がないかチェックすることをおすすめします。

等級の引き継ぎを行う

等級(正式名称:ノンフリート等級別料率制度)とは、自動車保険料の「割増引率」を決める重要要素の一つ。

  • 無事故か有事故か:

    無事故のほうが「割引率が高くなる」

  • 等級の高さ(1等級〜20等級):

    高ければ高いほど「割引率が高くなる」

の2軸で割増引率が決定します。

自動車保険を新規契約する際は「6等級」からのスタートになるのですが、家族の等級を引き継ぐことで「保険料を安く抑えること」が可能。
等級を引き継ぐ条件は以下に該当する家族であること。

  • 記名被保険者の配偶者
  • 記名被保険者の同居親族
  • 記名被保険者の配偶者の同居親族

すでに家族が自動車保険に加入している場合には等級を引継げないか確認してみましょう。

関連記事:自動車保険の等級は引き継ぎできる?条件や注意点をわかりやすく解説

利用を「限定」する特約を付帯する

「運転者」や「運転者の年齢」を限定する特約を付保することで保険料を抑えることができます。
具体的には、運転者を本人限定にしたり、運転者の年齢条件を21歳以上補償や26歳以上補償に制限することで保険料が安くなります。

「自分しか車を運転しない」
「運転者の年齢が限られている」
という方は、運転者限定特約や年齢条件を活用してみましょう。

みんかぶ
保険担当者
月単位で見れば数百円程度の割引額だったとしても、1年、10年と保険期間が長くなればなるほど「大きな割引額」になりますよ。

満期のタイミングで見直しを行う

自動車保険もどんどん時代のニーズに合った新しい商品が生まれていきます。ただ、自動車保険など「保険の見直し」は手間もかかりますし、見直しが面倒と思う方もいると思います。

そこでおすすめなのが「満期のタイミング」で自動車保険の見直しをすることです。満期での見直しをおすすめする理由は以下の通りです。

  • 戻り率が高い解約返戻金となるから
  • 等級が上がるタイミングで損しないから

満期が近づいたら「今加入している自動車保険よりも良い条件の商品はないか」一度見直してみましょう。より保険料が抑えられる自動車保険が見つかるかもしれませんよ。

関連記事:自動車保険の見直しポイントとおすすめのタイミングを紹介

自動車保険契約までの流れと必要書類

最後にスムーズに契約が進められるよう。自動車保険の契約に必要な書類と契約手順を説明します。
主な必要書類と契約手順は以下の通り。

check-alt 必要書類

  • 車検証または加入中の自動車保険の保険証券
  • 運転免許証
  • 積算走行距離計の数値(一部のダイレクト型自動車保険で必要)
  • 印鑑(一部の代理店型自動車保険で必要)

check-alt 契約手順

  1. 申込書の記入(代理店型)またはwebサイトでの申し込み(個人情報入力など)
  2. 申し込み内容の確認
  3. 支払い方法の選択(クレジットカード払いや口座引き落とし)
  4. 保険料を支払って契約開始

自動車保険の見積もりや契約時には、車台番号や登録番号、車種、型番など普段使わない情報が必要になります。基本的に「車検証」に記載されているため、あらかじめ調べておくとスムーズです。

みんかぶ
保険担当者
手順自体はwebサイトや代理店の担当者の指示に沿って進めればOKです!
\ 保険料を安く抑えるなら /

自動車保険に関するよくある質問

みんかぶ
保険担当者
自動車保険に関するよくある質問や疑問について回答します。
Q
ネット型自動車保険はおすすめできないって本当ですか?
A
ネット型(ダイレクト型)自動車保険と聞くと「サポートが手薄そう、事故対応に不安が残る」という印象を抱くかもしれません。
しかし、ダイレクト型自動車保険だからといって、事故対応が遅いということはありません。ダイレクト型か代理店型かではなく「保険商品ごと」に事故対応の評判などを比較検討することをおすすめします。
Q
事故対応が良い自動車保険を選ぶためのポイントがあれば教えてください。
Q
弁護士特約っているの?
A
弁護士特約付帯はお勧めいたします。事故の際、自身に過失がない(もらい事故など)の場合は保険会社による示談交渉が行えない為、ご自身で対応する必要があります。その際の弁護士費用を補償できます。
Q
車両保険っているの?
A
お車の価値が高い場合や、修理して同じ車に乗りたいという気持ちがある方はお入りされることをお勧めいたします。
Q
車同士の事故の場合、どっちの保険が使われる?
A
補償の割合は過失割合によって決まります。例えば自身の車両に損害があった場合、自身の過失割合が3割であれば相手方から損害額の7割が対物賠償の保険金として支払われます。ただし、相手が任意保険に未加入の場合は、ご自身のお怪我については相手の自賠責で補償されますが、ご自身の車両の損害については補償されません。その場合は、車両の損害について不足した分はご自身の保険の車両保険で支払われ、保険会社が相手側へ求償を行うケースが多いです。
Q
人身傷害と搭乗者傷害って何が違うの?
A
人身傷害は基本的に、事故によるけがの治療にかかった金額に対して、保険金額を限度に実際の損害額を補償します(実費補償)。一方、搭乗者傷害は、かかった治療費に関わらず、あらかじめ決められた定額の金額が人身傷害とは別で支払われます(定額補償)。
Q
どうやったら保険料安くできる?
A
運転者や補償の範囲を限定したり、年齢条件などで保険料を下げられる可能性があります(運転者限定等)。また、ASV割引(自動ブレーキ割引)やゴールド免許割引などの割引適用が多いほど、保険料は安くなります。
Q
ドラレコ特約は付けた方がいいの?
A
まだドラレコを搭載されていない方にはお勧めです。ドラレコサービスは、レコーディングとしての機能だけでなく、事故の際に自動的に事故受付につないでくれたり、会社によっては安全運転診断があり、スコアによって保険料割引がある会社もございます。
Q
自動車をカスタムしていると保険に入れないの?
A
お車の状態と保険会社によって変わります。目安としては車検に通ったお車であれば比較的加入しやすいです。ただその場合でも車両保険の内容としてはご満足いただけない場合もございます。
Q
ロードサービスを使うと等級下がる?
A
基本的にロードサービスだけの使用であれば等級は下がりません。賠償保険や車両保険の請求等で等級が下がります。
Q
息子が里帰りして運転するんだけど、今の保険でも大丈夫?
A
運転者限定が「本人限定」または「本人・配偶者限定」の場合は、お子様は補償の対象外となる為、「限定なし」に変更手続きを行ってください。また、一時的に帰省している場合であれば年齢条件は変更不要です。
Q
事故したら絶対保険使った方がいいの?
A
一概にそうとは言えません。保険を使用すると等級がダウンするリスクがある為、中長期的な期間で見ると保険料の上昇の方が高くなる場合もございます。自己負担で修理する場合と次年度以降の保険料を比較するため、代理店・保険会社に相談することをお勧めします。
  • 当サイトでは、すべての損害保険会社の商品を掲載しているものではございません。保険代理店フィナンシャル・エージェンシーが取扱可能な保険商品を比較して掲載しております。
  • 当サイトの自動車保険商品一覧に記載されている内容は、個人向けの自動車保険となります。
  • 当サイトの自動車保険商品一覧は、保険商品の内容が全て記載されているものではなく、あくまで比較をしていただく上での参考情報(概要)としてご覧ください。
  • 自動車保険商品一覧に記載されている商品名・内容は保険会社により異なります。また、条件等により適用されない場合があります。保険商品の内容については、必ず各保険会社が提供する契約概要やパンフレット、または保険代理店からの案内にてご確認をして頂きますようお願いいたします。